ハセガワ1/350戦艦 陸奥
徹底ディティールアップ決定版









この項では甲板表面のディテールアップに加えて主砲塔の製作の様子をご紹介します




1/350戦艦『陸奥』製作記 その12



甲板上の目立つ装備品のひとつとして、ラッタルが挙げられます。ハセガワのパーツはプラ成形の無垢の部品にエッチング手摺を取り付ける構成になっており、踏み板部分が実物のように抜けていないことから、今回はライオンロアの長門用パーツセットに含まれているものを使用しました。このラッタルは踏み板を一枚一枚水平に曲げる仕組みになっており、たいへん実感的です。




ラッタルを取り付けた甲板中央部分の様子。左右舷側の副砲も、砲塔とキャンバス部分の取り付けを完了しました。




続いて、最上甲板外周の手摺の取り付けを行いました。使用したのはハセガワの純正エッチングパーツで、塗装は板から切り出す前に行っています。




最上甲板外周の手摺の取り付けを完了した様子。錨鎖導板はハセガワの木製甲板シールに付属のエッチングを使用して錨鎖を接着しました。(同時に航空作業甲板も射出機の接着を終えています)




船体中央部両舷の副砲は、砲身をライオンロアの真鍮挽き物パーツに交換しました。主砲ほどの存在感はありませんが、副砲のディティールアップは艦橋や煙突をはじめとした中央構造物のメカニカルな魅力を引き立たせてくれます。




主砲塔のパーツは前盾部分のみラッタルがモールドされているので、エッチングへの切り替えに向けて一旦削り落としました。(写真左は作業前、右は作業後)




続いて、各種エッチングを取り付けた様子。手すりやラッタル、キャンパスガード、空中線支柱などはハセガワパーツを使用し、リベット補強板にはライオンロア製パーツを使用しました。




主砲身はキットパーツもかなりの出来ですが、今回は金属製の砲身とレジン製の防水キャンパスを使用しました。主砲身はマスターモデルのアルミ挽き物砲身で、防水キャンパスにはライオンロアのパーツになります。(写真左が純正パーツ、右が今回使用の社外品)




ライオンロアのエッチングには外筒砲の固定金具が付属しているので、今回はそれも使用しました。(エッチング写真の部品番号27が固定金具のパーツです)




砲塔、防水キャンパス、砲身の塗装はそれぞれ別に行い、塗り分け後に接着を行いました。




パーツ分割を生かした塗装でキャンパス部分の塗り分けの美しく決まりました。これで残す作業は主要構造物とクレーン、張り線のみです。


next


左側にメニューページが表示されない場合はここをクリック

艦船模型製作代行 モデルファクトリー ハイギヤードはこちら

スケールモデル完成品販売ネットショップ CHERRY&ANCHORはこちら







inserted by FC2 system