フジミ1/350航空母艦 飛龍
徹底ディティールアップ決定版









1/350航空母艦『飛龍』製作記 その8



この項では飛龍搭載の対空兵装の第一弾として、シールドなしの25mm連装機銃と25mm三連装機銃をご紹介します。航空母艦『飛龍』に搭載されている対空機銃は全て25mmですが、連装と三連装の二種類があり、また連装機銃もシールド付きのものとなしのものがあるので、合計3種類を作り分ける必要があります。まずはシールドなしの連装機銃ですが、銃座にはレインボーモデルのエッチングを使用しました。




そして銃身にはポントスモデル製の真鍮挽き物砲身を使用しました。この銃身は単品では発売されていないので、今回は『1/350 日本海軍戦艦大和 ディティールセット(新金型)』から部品取りを行いました。ちなみに後ほど御紹介する12.7cm連装高角砲も、このパーツセットからの部品取りを行っています。




プラパーツは銃架のみを使用するので銃身部分を切り取って、0.3ミリ径のドリルで取り付け穴を開けました。工程順に各パーツを並べて見ると、銃身ディティールアップの効果の高さが良くわかります。




エッチング銃座を形にしていく様子。レインボーモデルの機銃は銃座がワンパーツで構成されているのでパーツの切り離しがやりやすく、強度も比較的高いので気に入っています。




銃座と銃身を組み合わせれば、シールドなし25mm連装機銃の完成です。この機銃は昨年製作した1/350戦艦『霧島 http://nabeck.web.fc2.com/nakaisama05.htm』と、ほぼ同じ構成になりました。




続いては三連装機銃です。工程は連装機銃とほぼ変わらず、銃身が一本増えただけなのですが、取り付け穴がズレると見映えに大きく影響してしまうので注意深く作業しました。




銃座には、連装機銃と同じくレインボーモデルのエッチングパーツを使用しました。




レインボーの三連装機銃には環型照準器が備えられているので、組み立て(折り曲げ)は連装機銃以上に気を使いました。なお、シールドなし三連装機銃の飛龍の必要数は合計7基です。




エッチング銃座と真鍮砲身でディティールアップされた25mm三連装機銃のクローズアップ。こうしたエッチング&引き物パーツで組まれた装備品は、塗装前の姿も美しいです。




塗装後の様子。銃器らしい金属感を演出する事が出来ました。次項も1/350航空母艦『飛龍』の対空兵装製作の続きをご紹介します。


next


左側にメニューページが表示されない場合はここをクリック

艦船模型製作代行 モデルファクトリー ハイギヤードはこちら

スケールモデル完成品販売ネットショップ CHERRY&ANCHORはこちら







inserted by FC2 system