ハセガワ1/350戦艦 陸奥
徹底ディティールアップ決定版









この項では、1/350戦艦『陸奥』の完成写真をご紹介します。




1/350戦艦『陸奥』完成写真



今回のご依頼では、お客様より大量のディティールアップパーツをお持ち込み頂き、1/350の日本海軍戦艦としては、昨年製作の戦艦『霧島 http://nabeck.web.fc2.com/nakaisama05.htm 』以来の全力仕様での製作となりました。




1/350戦艦『陸奥』、右舷後部からの全景。お客様よりお持ち込みいただいたディティールアップパーツ群は主に、ハセガワの長門級用エッチングパーツの『ベーシック』と『スーパー』、そして同じくハセガワの『陸奥用エッチングパーツ』、ライオンロアのスーパーディティールアップセットと新撰組の木製甲板、マスターモデルの金属砲身に加えて、ベテランモデルの25mm機銃、12.7cm連装高角砲、探照灯、双眼鏡、観測機器、レインボーモデルのホーサーリールや真鍮挽き物のクレーンなどです。




製作においては、それらのパーツ類に加えてフライホークのリノリウム押さえ、アライアンスモデルの飛行機運搬軌条、レインボーモデルの艦載機用パーツや艦橋用ディティールアップパーツセット、Genuine modelの通風塔や甲板装備セットなどを当工房にて用意し、追加しました。




船首から第一、第二主砲塔、艦橋にかけてのクローズアップです。甲板は、新撰組の木製甲板とハセガワの木製甲板に付属の錨鎖導板エッチングを組み合わせました。ケーブルホルダーやライジングビット、ボラードなどはGenuine model製のレジンパーツを使用しています。




砲塔のディティールアップは主にハセガワの長門級戦艦用「ベーシックB」をメインとし、主砲身はマスターモデル、副砲身はライオンロアの挽き物パーツを使用しました。




前部艦橋のクローズアップ。各種観測機器類と対空兵装にはベテランモデルの超精密レジンパーツを使用し、各機器類の傍らには伝声管を取り付けました。




艦橋の別角度。各機器に取り付けられた伝声管などの様子が良くわかります。信号ヤードには速力標と船名符字の信号旗を掲揚しました。




船体中央部の様子。煙突周りに多数の短艇が配置されていて模型映えのする部分です。




煙突と短艇用クレーンのクローズアップ。探照灯はベテランモデルのレジンパーツで、架台のトラス部分にはライオンロアのエッチングパーツを使用しました。クレーンはレインボーモデルの製品で、真鍮挽き物とエッチングを組み合わせた非常に精密なパーツです。




煙突と短艇用クレーンのクローズアップ。探照灯はベテランモデルのレジンパーツで、架台のトラス部分にはライオンロアのエッチングパーツを使用しました。クレーンはレインボーモデルの製品で、真鍮挽き物とエッチングを組み合わせた非常に精密なパーツです。




中央付近の別アングル。甲板中央部を後ろから見ると、長門型戦艦ならではの頼もしい後ろ姿が楽しめます。




後部の第三、第四主砲塔付近のクローズアップ。舷梯やスクリューガード、救命浮標などの小物類が、機能感を引き立たせています。

以上で1/350戦艦『陸奥』の完成写真の紹介を終わりますが、更に大きい写真で見たいという方は、こちらのアドレスに倍程度のサイズの写真を掲載しておりますのでぜひクリックしてご覧ください
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/inouesama01.htm

長い製作記をご覧いただき、ありがとうございました。


製作記トップに戻る


左側にメニューページが表示されない場合はここをクリック

艦船模型製作代行 モデルファクトリー ハイギヤードはこちら

スケールモデル完成品販売ネットショップ CHERRY&ANCHORはこちら







inserted by FC2 system