ハセガワ1/350戦艦 陸奥
徹底ディティールアップ決定版









この項では、『製作記 その2』の船体製作の続きをご紹介します。




1/350戦艦『陸奥』製作記 その



ハセガワの1/350戦艦『陸奥』は、姉妹艦『長門』のキットがベースとなっていますが、艦橋付近を中心とした『陸奥専用ランナー』が付属しており、7、8番副砲撤去跡の形状違いを再現できるように配慮されています。写真上側は陸奥用パーツ取り付け前で、下側は取り付け後になります。(取り付け後は実艦通り、撤去後が平滑に仕上がっています)




キットでは、舷側に無数に装備されているモンキーラッタルが繊細なモールドで再現されていますが、今回の製作ではこれらのモールドを全て削り取り、レインボーモデルのエッチングパーツへの置き換えを行いました。




エッチングに切り替えを済ませたモンキーラッタルの様子。モールドのみの状態と比べて、よりメリハリのあるディティールになりました。




船首楼側面の副砲周りにもモンキーラッタルが多数存在するので、これらも全てエッチングへの切り替えを行いました。




船尾付近のクローズアップ。ボートダビットや副錨などは予め取り付けを終えてから塗装を行いました。




船底側から見た船尾付近の様子。スクリューブラケットのような複雑な形状のパーツもピッタリ合うあたり、ハセガワの技術力の高さを実感します。




船体の下地塗装はプライマー処理も兼ねて、オキサイドレッドのサーフェーサーで行いました。




続いて、船底色と外舷色を塗り分けて、船体主要部分の塗装はひとおり完了です。隣に並んでいる小型艦は、同時進行していた1/350『鵜来型海防艦』です。(同一縮尺で見ると、実艦のサイズの違いがわかって興味深いです)


next


左側にメニューページが表示されない場合はここをクリック

艦船模型製作代行 モデルファクトリー ハイギヤードはこちら

スケールモデル完成品販売ネットショップ CHERRY&ANCHORはこちら







inserted by FC2 system