ハセガワ1/350戦艦 陸奥
徹底ディティールアップ決定版









この項ではお客様にお持ち込み頂きましたキットおよびパーツ群をご紹介させていただきます。




1/350戦艦『陸奥』製作記 その1



キットはお馴染みのハセガワ製です。当工房ではどちらかというと姉妹艦『長門』の方をご依頼を頂くことが多いのですが、『陸奥』も思い入れ深い船ですので、心を込めて製作しました。




ディティールアップのメインとして使用するのはハセガワの純正エッチングパーツです。ハセガワの『陸奥』をディティールアップする際には、陸奥専用に開発された『戦艦陸奥用ディティールアップエッチングパーツ』と、長門級2隻供用の『エッチングパーツ ベーシックB』を組み合わせるのが一般的です。




そしてこちらもハセガワ純正となる『戦艦長門級 ディティールアップパーツ スーパー』です。このパーツセットには、エッチングパーツ以外にレジン製の艦載艇や真鍮挽き物の主砲身も含まれています。




こちらはライオンロア製の『長門』用のスーパーデティールアップセットです。レイテ沖海戦時にもコンバージョン出来る仕様ですが、『陸奥』自体がそれまでに失われているため、防水キャンパスなどの初期型と供用できるパーツをメインに使用しています。




木製甲板はハセガワ純正のものと、新撰組製の2種類をご用意いただきました。新撰組製の方が薄くて仕上がりも美しいので、今回はこちらを使用します。




入手困難になりがちなベテランモデル製のレジンパーツ類も、お客様にご用意いただきました。アオシマ扱いのものとそうでないものとでパッケージのデザインが少々異なりますが、中身のクオリティは同じです。




こちらもベテランモデル製のレジンパーツ群です。同社の25mm連装機銃を使用するのは初めてですので、今後の製作記で詳しくレポートさせていただこうと思います。




主砲身はハセガワの『スーパー』と、ライオンロアのパーツセットにも含まれますが、今回はそれに加えてマスターモデルの砲身セットもご用意いただきました。この砲身はアルミ製ですので(真鍮製の砲身と比べて)重量面での負担が少ない事と、砲身内部に地金の色を残すことで実艦どおりの色合いが再現できる点が利点です。




レインボーモデルのパーツ群はホーサーリールを中心に、クレーン、篭型アンテナ(空中線碍子に使用)をご用意頂きました。




続いて、国産精密レジン&エッチングパーツメーカーとして御馴染みのGenuine model製のレジンパーツ群です。今回は『1/350日本海軍大型艦用甲板艤装品セット』、『1/350日本海軍大型艦用甲板通風筒セット』、『1/350日本海軍弾薬箱セット』を用意しました。




そしてこちらも当工房で用意したパーツで、ファイブスターモデルの『1/350 日本海軍 伝声管 』です。真鍮挽き物パーツですのでラッパの部分を曲げて使用します。以前、1/350駆逐艦『島風 http://nabeck.web.fc2.com/kspshimakaze.htm 』製作時に使用して個人的に気に入ったので、今回の陸奥にも導入しました。

なお、写真には写していないのですが、今回の製作においては他にレインボーモデルの『1/350モンキーラッタル』、『1/350日本海軍艦艇用 空中線・速力信号標』、『1/350日本海軍航空機用セットII』、@1/350日本海軍艦艇用 艤装品(風速計、避雷針など)』、『1/350ジャッキステー』、フライホーク『1/350リノリウム押さえ』、エコーモデル『リベット&シルヘッダー』なども使用します。


next


左側にメニューページが表示されない場合はここをクリック

艦船模型製作代行 モデルファクトリー ハイギヤードはこちら

スケールモデル完成品販売ネットショップ CHERRY&ANCHORはこちら







inserted by FC2 system