MODEL FACTORY HIGH-GEARed
艦船模型製作代行 モデルファクトリー ハイギヤード
工房ご紹介   受注までの流れ   取引例  書籍、TV等メディア掲載作例  店長ブログ  『CHERRY&ANCHOR』のご案内   




これまでのお取引の例

当工房におきまして受注させて頂きました1/700艦船模型作品の一部をご紹介いたします。

ディティールアップ内容等、当工房に一切をお任せいただきましたものから、実艦や商品知識に精通されたお客様より、使用パーツ等を細かくご指定を頂いたものなど、様々です。



1/700 航空母艦『赤城』(エッチング飛行甲板使用)



1/700 航空母艦『赤城』 受注価格215,000円(エッチング飛行甲板と艦載機のみお持ち込み、送料込み)


フジミの1/700特シリーズの航空母艦『赤城』をベースに、ピットロードの艦載機セットと回転状態のプロペラ、そしてフライホークのエッチング飛行甲板をメインに使用したディテールアップ製作をご希望いただきました。



その他のディテールアップは特シリーズ用および、艦NEXT用のエッチングパーツやファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツにて行っておりますが、(エッチング甲板の使用によって)バランスが悪化すると思われた箇所につきましては、随時追加のパーツ類を投入しております。



エッチング甲板使用による、飛行甲板裏側のトラスやビームなどの表現は大きな見所です。別角度の写真は、別ページに掲載しておりますので、下記リンクをクリックしてご覧くださいませ。

1/700航空母艦『赤城』詳細画像

1/700 大阪商船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』



1/700 貨客船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』 受注価格85,000円(キットと純正パーツお持ち込み、クリアケースと送料込み)



フジミ特シリーズの1/700大阪商船『ぶら志る丸』をベースに、純正エッチングパーツをメインとしたディテールアップをご希望頂きました。なお、純正パーツは手摺などに不足する部分が多いので、必要に応じて汎用エッチングを使用して補填しています。また、手摺の最上段はウッドブラウンに塗装して木が張られている様子を再現しました。

1/700 戦艦『三笠』



1/700 戦艦『三笠』 受注価格100,000円(キットとパーツはお持ち込み、送料込み)


ハセガワキットにハセガワ純正エッチングパーツと木製甲板を使用するよう御指定をいただき、海面ベースをお付けした作品です。製作におきましては、旗の位置や状態、空中線の状況などを細かく御指定いただき、その内容に忠実に製作いたしました。


空中線はメタルラインによる再現で、主砲身および副砲身はFUKUYAの真鍮挽き物砲身に交換しました。別角度の写真などは別ページに掲載しておりますので、下記リンクをクリックしてご覧くださいませ。

1/700戦艦『三笠』詳細画像

1/700 戦艦『霧島』



1/700 戦艦『霧島』 受注価格98,000円(キットとパーツはお持ち込み、送料込み)


フジミキットベースによる製作です。船体パーツは舷窓の一部が閉鎖されて年代的に合わないので、ドリルで開口することで考証面の修正を行いました。ディテールアップはフジミ純正のエッチングパーツと木製甲板をメイン使用し、主砲身をアドラーズネストの真鍮挽き物パーツに交換。また、12.7cm連装高角砲と25mm連装機銃にはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用しました。


航空作業甲板には木製甲板に付属のエッチングを使用し、飛行機運搬軌条や短艇の架台も(モールド切削の上)同パーツに置き換えて精密に仕上げました。 なお、前後の旗竿は0.3mm径の真鍮線で自作し、メタルラインで空中線を再現しています。

1/700 戦艦『三笠』



1/700 戦艦『三笠』 受注価格65,000円(キットと木製甲板のみお持ち込み、送料込み)


シールズモデルズのキットをベースに、ピットロードの廃盤エッチングを組み込み、手すりなどは汎用パーツで仕上げました。また、木製甲板にはお客様よりお持ち込みいただいたアートウォックスモデルの製品を使用しています。


艦尾付近の様子。マストのクロスツリーやスターンギャラリーの菱形パターンの手すりはピットロードのエッチングによるものです。なお、後部マストはガフが省略されていたので、真鍮線自作にて追加しました。

1/700 戦艦『金剛1944 フルハルモデル』



1/700 戦艦『金剛』 受注価格120,000円(キット&パーツ、送料など全て込み)


「webショップ掲載商品の1/350の戦艦『金剛』の縮小版を入手したい」というご依頼にお応えして製作させていただいたもので、ディテールアップにはフジミの純正エッチングパーツをメインに使用したほか、アドラーズネストの真鍮挽き物主砲身やファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを大量投入し、ディテール面や塗色でほぼ同一のイメージでの仕上げをさせていただきました。


艦尾付近は応急舵やスクリュープロペラ、そして舷梯などが見どころです。フジミの金剛用エッチングにはホーサーリールが不足しているので、霧島用のエッチングを流用して追加し、艦橋窓枠なども汎用パーツを流用しました。フジミの金剛は、同社の特シリーズの中では初期のものではありますが、社外パーツや他艦用パーツを色々と流用した結果、1/350に近い繊細なディテールの作品に仕上げることができました。

1/700 海上自衛隊護衛艦『DDH-142ひえい』『DD-106さみだれ』『DDG-169あさかぜ』『DD-115あさぐも』



1/700護衛艦『DDH-142ひえい』『DD-106さみだれ』『DDG-169あさかぜ』『DD-115あさぐも』
受注価格144,000円(キットお持ち込み パーツ&ケース代金、送料込み)


1/700護衛艦『DDH-142ひえい』。キットはピットロード製で、ディテールアップは手すりとアンテナ、張り線の追加のみの御指定にて製作させていただきました。


1/700護衛艦『DD-106さみだれ』。キットはアオシマ製です。手すりとセーフティネットにはテトラモデルのエッチングを使用しました。


1/700護衛艦『DDG-169あさかぜ』。ピットロードキットで、外舷塗装は4隻ともピットロードカラー海自グレー1で統一しました。


1/700護衛艦『DD-115あさぐも』。ピットロードベースで、現代型の汎用護衛艦と比較するとコンパクトかつクラシカルな艦容を楽しめます。

1/700 航空母艦『瑞鶴』最終時 フルハルモデル



1/700 航空母艦『瑞鶴』 受注価格225,000円(キット&パーツ、ケース代金込み、作品はお客様に直接御引き渡し)


「1/350並みのディテールを1/700に落としこんで欲しい」との御客様のご依頼を受け、フジミの1/700航空母艦『瑞鶴』最終時(昭和19年)のフルハルモデルをベースに製作をさせて頂き、アクリルディスプレイケースや真鍮製スタンドなどもセットした豪華な仕上げとさせていただきました。


艦首周りの様子。舷側部分の外板の継ぎ目モールドや(キットでは省略されている)舷窓の閉鎖跡は、塗膜による段差表現やプラ丸棒を使用した自作技にて追加しました。また、錨や菊花紋章、カッターや対空兵装などは全てファンモールド製のナノドレッドシリーズのパーツやピットロード製の新艦船装備セットのパーツに交換しております。


飛行甲板表面には飛行機繋止眼環を0.3mm径のドリルにて開口し、外周部の排水溝はエッチングパーツに切り替えることでより立体的な表現としております。


艦橋はベテランモデルやGenuine model製のレジンパーツを用いて防空指揮所の双眼鏡や伝声管、マントレットなどを追加して作戦時の緊張感を演出しました。


艦載機はライオンロアの艦載機セットをベースに、風防などをレインボーモデルのエッチングパーツに交換。更にはホビーエレメンツのデカールを用いて機体番号までを再現しました。

モデルファクトリーヒロ 1/700戦艦『大和』ULTIMATE KIT


1/700 モデルファクトリーヒロ 1/700戦艦『大和』ULTIMATE KIT 受注価格290,000円(キットのみ持ち込み、送料およびパーツ代、ディスプレイケース込み)


戦艦大和の内部構造を1/700で再現した、モデルファクトリーヒロ製ULTIMATE KITの製作ご依頼を頂きました。レジンとメタル、そして光造形パーツのマルチマテリアルキットで、1/700としては大変製作難度の高いキットです。



エッチングによる隔壁、ホワイトメタル製のボイラー、タービン、主砲塔内部など、大和型戦艦のメカニズムが楽しめる興味深い仕上がりの作品となりました。


また、左舷側は開口部を持たず、精度の高いフルハルスケールモデル作品として楽しむ事が出来ます。


主砲塔の内部も再現され、砲身を含むカバーは取り外し可能です。当工房代表で艦船模型製作担当の渡辺は、前職で構造模型の製作をしておりましたので、このような内部構造再現キットの製作は得意としております。MFH大和の製作ご依頼に興味のございます方は是非お問い合わせください。

1/700 重巡洋艦『熊野』最終時



1/700 重巡洋艦『熊野』最終時 受注価格115,000円(キット&パーツ代金、送料など全て込み)


1/700重巡洋艦『熊野』の最終時を製作してほしいというご依頼をいただいたのですが、タミヤの『熊野』は軽巡洋艦の時代を再現していることから考証が合わず、同社の1/700重巡洋艦『鈴谷』の船体と1/700航空巡洋艦『最上』の上部構造物を組み合わせる方法で製作をさせて頂きました。


また、『鈴谷』の船体には舷窓の閉鎖跡が再現されていない為にプラ丸棒を使用した方法で表現し、舷側の外板継ぎ目や舷外電路などを追加して外舷のディテールを充実させました。上部構造物のディテールアップにはフジミの1/700航空母艦『最上』用のエッチングを2枚使用し、対空兵装や探照灯などの装備品は全てファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。(主砲塔はヤマシタホビーのE型砲塔、主砲身はアドラーズネストの真鍮砲身です)


製作費115,000円と、重巡洋艦の1/700作品としては少々高額の受注価格となっておりますが、年代変更に伴う資料集めやキット&パーツの複数購入の影響を受けておりますので御理解頂けましたらと存じます。


1/700 重巡洋艦『利根』



1/700 重巡洋艦『利根1945』 受注価格96,000円(キット&パーツ代金、送料など全て込み)


フジミの1/700重巡洋艦『利根』の1945年時のキットをベースにディテールアップ製作をさせて頂きました。フジミ純正のエッチングパーツをメインにディテールアップを行っておりますが、フジミパーツは1944年の状態で設計されている為、不足している機銃座数をカバーする為に同じパーツを2枚投入しました。



その他のディテールアップは、舷側の外板継ぎ目のモールド追加と、(キット状態では)少々オーバーな表現となっている汚水捨管のプラ材による作り直し、ファインモールド製の機銃や探照灯、錨および菊花紋章などです。また、主砲塔はヤマシタホビーのE型砲塔、主砲身はアドラーズネストの真鍮砲身に交換しました。


1/700 重巡洋艦『高雄』



1/700 重巡洋艦『高雄』 受注価格150,000円(キットおよび主要パーツ持ち込み、その他の追加パーツ代と送料込み)


フジミの重巡洋艦『高雄』をベースに、お客様よりお持ち込みいただいた大量のパーツ類を使用してディテールを細部まで詰めた仕様をオーダー頂きました。



ディテールアップのハイライトは、フライホークのエッチング甲板を使用している事で、これを使用する為に甲板上の通風塔やボラード、リール等は全て一旦切削し、当工房でご用意させていただいた別パーツに交換しました。また、フライホークのパーツで不足しているシェルター甲板は、汎用のリノリウム押さえのパーツで補填して艦全体の仕上がりのレベルを統一しております。

1/700 駆逐艦『時雨』



1/700 駆逐艦『時雨』 受注価格138,000円(キットおよびパーツ類全て持ち込み、送料込み)


ピットロードの新装備パーツ付きの1/700駆逐艦『時雨』をベースに、ファイブスターモデルの1/700『白露』用のスーパーディテールセットメインでの製作をご依頼頂きました。その他、エッチングやレジンパーツなどを大量にお持ち込みいただき、(ロープの塗色イメージなども含めた)合計20項目におよぶ製作御指定に忠実に仕上げさせていただきました。



艦橋や短艇はファイブスターモデルのパーツセットに付属のレジンパーツを使用し、主砲もピットロードの新装備セットのパーツをベースに同様の仕上げとしました。舵柄信号標や弾片防御ロープ、マントレトやホーサーリールなどは(お客様よりお持ち込み頂いた)別パーツにて対応しております。

1/700 潜水艦『伊400』



1/700 潜水艦『伊400』 受注価格65,000円(パーツ、デカール、銘板、ケースなどの多くは当工房にてご用意、送料込み)


アオシマの1/700『伊401』のフルハルキットをベースに、『伊400』としての製作をオーダーいただきました。搭載機の位置や主翼の状態、潜望鏡や手摺の配置および飾り台のイメージ、銘板の取り付け状況等を事細かく御指定いただいての仕上げです。(銘板は真鍮製の物を特注でご用意しました)


また、お客様のご要望で、キットに付属の水上機も全機製作してバラでお届けをさせていただきました。

1/700航空母艦『鳳翔1939』


受注価格65,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


フジミの『特57 空母 鳳翔 昭和17年仕様』をベースに、『1/700 日本海軍航空母艦 鳳翔 1939 専用エッチングパーツ』を使用したディティールアップを施し、更に25mm連装機銃をファインモールドのナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。アンテナ類は真鍮線で自作し、複葉機の主翼の筋交いも再現しています。


また、作品はお客様のご希望でWAVE『TケースWM』内に収め、特注の真鍮製艦名ネームプレートをお付けしました。

1/700原子力航空母艦『ステニス』


受注価格128,000円(キットおよび艦載機パーツお持ち込み、エッチングは当工房でご用意)



ピットロードの1/700原子力航空母艦『ステニス』をベースに、以前の取引例に掲載されている『ジョージ・ワシントン』と同様のディティールアップを施し、艦載機の大幅な増量をご希望頂きました。


艦載機はお客様のご希望どおり、飛行甲板に未接着でお届けしました。製作した艦載機の内訳は、キット付属のF-14D、F/A-18C、S-3B×各6機  EA-6B×4機  E-2C、C-2、SH-60F×各2機に加えて、『S28 現用米空母艦載機セット2』を二箱使用し、F-14D、F/A-18C、S-3B×各6機E-2C、C-2、SH-60F×各2機、F-14A×4、F-14B/D×4、F/A-18C×4、F/A-18D×4の合計66機です。

1/700 カーフェリー『さんふらわあ11』


1/700 カーフェリー『さんふらわあ11』 受注価格44,000円(キットお持ち込み、パーツは当工房でご用意)


マイクロエースのモーターライズモデルのキットをスケールモデルとして完成させました。太陽のマークはキットでは凸モールド内に付属のシールを貼るように指定されていますが、製作では凸モールドを削り取り、マーキングも塗装にて再現し直しております。また、お客様のご希望でムアリングホールと風除け窓を開口し、手摺の取り付けと錨鎖の追加、空中線の追加などのディティールアップをご希望頂きました。(デッキグリーンの色調やウェザリングも、お客様の御指定によるものです)

1/700自衛艦3隻および巡視船、カーフェリー各1隻


1/700自衛艦3隻および巡視船、カーフェリー各1隻 受注価格122,950円(キット、パーツ等全て込み)


自衛艦の3隻は具体的艦名『あたご』『こんごう』『しもきた』を御指定いただき、巡視船とカーフェリーは船名の御指定はございませんでしたので、バンモデリングの巡視船『さろま』とマイクロエースの『さんふらわあ8』を組み合わせ、1/700艦船および船舶5隻のセットでお届けしました。なお、『さんふらわあ8』に限っては、キットがフルハルモデルであるため、他の洋上モデルと体裁を合わせるために船底を切り取り、船底板を自作するなどの改造を盛り込みました。

1/700戦艦 『長門』


1/700戦艦 『長門』 受注価格95,000円(キット、パーツ、送料等全て込み)



フジミの1/700戦艦『長門』開戦時のキットにメーカー純正のエッチングパーツとファインモールド製のナノドレッドシリーズの対空兵装を追加したディティールアップを行いました。また、航空作業甲板にはジョーワールドのパーツを使用し、リノリウム押さえ金具などの繊細なディティールを再現しています。

1/700戦艦 『武蔵』


1/700戦艦 『武蔵』 受注価格98,000円(キット、パーツ、送料等全て込み)



フジミの1/700戦艦『武蔵』にメーカー純正のエッチングパーツとファインモールド製のナノドレッドシリーズの対空兵装を追加したディティールアップを行い。機銃や噴進砲などの配置はお客様より御指定いただいた資料を参考に忠実な仕上げとしました。また、舷外電路や応急舵もエッチングを使用するよう御指示を頂き、汎用パーツを適時追加しています。

1/700航空母艦『翔鶴』マリアナ沖海戦時


受注価格118,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)



フジミの空母『瑞鶴1944』のキットをベースに、装備を減らしていく方法でマリアナ沖海戦時の『翔鶴』としました。ディティールアップはフジミの純正エッチングパーツをメインとした、飛行甲板の眼環の穴開け処理や舷側の外板継ぎ目の再現、艦載機の機数やディティールの状態などを事細かに御指定いただきました。

1/700航空母艦『龍鳳』


受注価格108,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)



ピットロードの長甲板の龍鳳のキットをベースに、ライオンロアのパーツをメインとした作り込みを行いました。その他、飛行甲板の眼環の穴開け処理や舷側の外板継ぎ目の再現、艦載機の機数やディティールの状態などを事細かに御指定いただき、その内容に忠実な仕上げとしました。

1/700戦艦 『扶桑』


1/700戦艦 『扶桑』 受注価格85,000円(キット、パーツ、送料等全て込み)



フジミの1/700戦艦『扶桑』にメーカー純正のエッチングパーツと、ファインモールド製のナノドレッドシリーズの対空兵装の追加などのディティールアップをご依頼頂きました。レイテ沖海戦時の仕様で機銃が非常に多いため、密度と見応えのある作品となりました。

1/700航空母艦『瑞鳳』


受注価格56,500円(キット持ち込み、パーツ代と送料込み)


ハセガワの艦これパッケージのキットをお持ち込み頂いての製作です。メーカーから発売されている純正エッチングパーツに加え、手すりや救助ネットなどのパーツを適時追加しました。また、古いキットのために不備がある機銃スポンソン下部の支柱や噴進砲スポンソンをプラ板やプラ棒などで自作し、ディティールを近代化させました。

1/700 駆逐艦『天津風』



1/700 駆逐艦『天津風』 受注価格42,000円(キット持ち込み、パーツ代と送料込み)


アオシマの艦これパッケージのキットをお持ち込み頂いての製作です。アオシマからは雪風用のディティールアップパーツは発売されていないので、各社のパーツを揃え、同時にご依頼頂きました空母『瑞鳳』とディティールのバランスを揃えました。

1/700戦艦『武蔵』フルハルモデル


受注価格98,000円(キット、パーツ、飾り台および送料など全て込み)


フジミの1/700戦艦『武蔵』をベースに、お客様のご予算に合わせた(当工房にお任せの)ディティールアップ内容にて製作をさせていただきました。


ディティールアップパーツはフジミの純正エッチングパーツをメインとし、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツから25mm連装機銃、アンカー&菊花紋章、探照灯などを使用しました。また、飛行機格納庫にはファインモールド製のエッチングパーツを使用して内部空間を再現し、高角砲射界制限枠は自作しました。

1/700航空母艦『加賀』フルハルモデル


受注価格125,000円(キット、パーツ、飾り台および送料など全て込み)


フジミの1/700航空母艦『加賀』をベースに、お客様のご予算に合わせた(当工房にお任せの)ディティールアップ内容にて製作をさせていただきました。


ディティールアップパーツはフジミの純正エッチングパーツをメインとし、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツから12.7cm連装高角砲、25mm連装機銃、アンカー&菊花紋章、探照灯などを使用しました。見せ場となる飛行甲板は繋止眼環を0.3ミリのドリルで開口し、艦載機はゴールドメダルモデルズのエッチングパーツでプロペラ、脚などを再現し、真珠湾第一次攻撃隊の編成(零戦9機、97式艦攻26機)としました。

1/700航空母艦『ホーネット CV-8』


受注価格94,000円(キットとパーツお持ち込み、送料込み)


お客様のご希望でピットロードのキットをベースに製作を行い、トムスモデルのエッチングを使用してディティールアップを施しました。搭載機は飛行甲板上にドゥーリトル隊のB25ミッチェルを16機配置し、側面シャッターを開放した格納庫にはF4F、SBD、TBDの合計36機を搭載しています。


塗装は劣化した状態を再現すべく、迷彩の一部と飛行甲板の板目をボカしました。艦橋下部の格納庫側面のホースはホビーワイヤーで自作し、錨鎖も精密チェーンに交換しました。

1/700巡洋戦艦 『フッド』


受注価格88,000円(キット、パーツ代および送料など全て込み)


お客様のご要望に従い、タミヤキットをベースにトムスモデル&ピットロードのエッチングパーツとマスターモデルの主砲身を使用し、対空兵装や一部の短艇類をタミヤのレパルス用パーツに差し替えました。錨鎖も精密チェーンに交換し、英国艦としての基本的なディティールアップを行った仕様です。

1/700戦艦 『プリンス・オブ・ウェールズ』


受注価格88,000円(キット、パーツ代および送料など全て込み)


上記のフッドとほぼ同じ内容のディティールアップを施した作品で、お客様のご要望により、迷彩塗装はなしの仕様で仕上げました。ディティールと塗装、張り線の本数などはキットの素性を踏まえてバランスを重視した仕上げとしております。

1/700戦艦 『アイオワ(近代化改装後)』


1/700戦艦 『アイオワ(近代化改装後)』 受注価格85,000円(キット、パーツ等の一部をお持ち込み、送料込み)


ピットロード製の近代化改装後のアイオワのキットをベースに、ゴールドメダルモデルズのエッチングパーツとライオンロアの真鍮主砲身を使用してディティールアップを施しました。キットは甲板パーツの合わせ目が目立つので、パテを使ってなだらかに整えました。

1/700高速戦艦 『榛名』


1/700高速戦艦戦艦 『榛名』 受注価格155,000円(キット、パーツ等全てお持ち込み、送料込み)


フジミのキットをベースに多数のパーツ類をお持ち込みいただき、細部までご指示通りに仕上げた作品です。なお、お客様から頂いたご要望は、以下の通りです。

フジミ1/700特シリ−ズ日本海軍高速戦艦榛名1944年を使用、1944年10月のレイテ沖海戦時の兵装に改装、テトラモデルワ−クス1/700 日本海軍戦艦 榛名 1944年 ディティールアップセット[砲身付き]を使用(主砲以外は上記パーツをメインに使用し、レイテ沖海戦時に年代を変更)、テトラモデルワ−クス戦艦 榛名 木製甲板を使用、海魂の艦艇エッチングネームプレートを使用、ファインモールド1/700ナノ・ドレットシリ−ズ金剛用セットリニュ−アルバ−ジョンを使用、ファインモ−ルド汎用探照灯セット、艦載電波兵器(レ-ダ−)セットを使用、ファインモールド1/700ナノ・ドレットシリ−ズ 掃海具 (パラベーン) セットを使用、ファインモールド1/700ナノ・ドレットシリ−ズ) アンカー・菊花紋章セットを使用、ベテランモデル1/700 日本海軍 戦艦「榛名」主砲塔アップグレードセットを使用、Genuine Modelマントレット、土嚢セットを艦橋等に取り付け、レインボ−モデル1/700 日本海軍 弾片防御ロープを艦橋、機銃台座等に取り付け、レインボ−1/700Rd7105日本海軍ケ−ブルリ−ル&ウィンチを使用、1/700レインボ−モデル日本海軍艦艇用艦橋アクセサリ−の中から舵柄信号標、速度標の取り付け、1/700レインボ−モデル日本海軍 艦艇用 空中線の取り付け、1/700日本海軍双眼望遠鏡セットを使用、単装機銃の取り付け位置はナノドレッド金剛用の説明書に合わせた配置とする、窓枠、舷灯、応急舵、舷外電路、、信号灯、係船桁(格納状態)、ジャッキステ−(煙突)、ファンネルキャブ、チェ−ンの各種のエッチング、パ−ツの取り付け、搭載機に、0.2ミリの真鍮線でアンテナを追加し、金属テグスで張り線の加工、マ−クはキット付属のデカ−ルで、処理、空中線(多めで、処理)、各種の旗、救命浮標の取り付け、旗竿は真鍮で製作、汚し塗装(中くらい)

1/700 航空母艦『信濃』オリジナルダズル迷彩塗装



1/700 航空母艦『信濃』 受注価格88,000円(キット、パーツ代および送料など全て込み)


タミヤの1/700キットをベースに、お客様ご提案のオリジナルデザインのダズル迷彩を施した仕様です。デザインはデータとしてお送りいただき、複雑なパターンをなるべく自然に再現するよう心がけました。ディティールアップもお客様とご相談の上、当工房のディティールアップ作品の標準的な仕上がりとしております。

1/700戦艦 『大和』


1/700戦艦 『大和』 受注価格98,000円(キット、パーツ等全てお持ち込み、送料込み)



タミヤの大和をベースに、フライホークのスーパーディティールアップセットとフジミ、ファインモールドの各エッチングを『良いとこ取り』にて使用し、対空兵装や光学機器等は全てナノドレッドシリーズのパーツに変更しました。甲板色はお客様のご希望で黒塗装としており、隅々までディティールアップを施しました。

1/700 航空母艦『赤城』



1/700 航空母艦『赤城』 受注価格68,000円(キット、パーツ代および送料など全て込み)


フジミキットにフジミのエッチングを使用し、25mm機銃と探照灯をファインモールド製ナノドレッドシリーズに換えるというオーソドックスなディティールアップに加えてごく弱めの汚し塗装を加えた仕様です。メインマストはお客様のご希望でエッチングとすべく、ハセガワのエッチングを流用しました。

1/700 航空母艦『飛龍 ミッドウェー』



1/700 航空母艦『飛龍 ミッドウェー』 受注価格68,000円(キット、パーツ代および送料など全て込み)


フジミキットにフジミのエッチングを使用し、25mm三連装機銃と探照灯をファインモールド製ナノドレッドシリーズに換えるというオーソドックスなディティールアップに加えてごく弱めの汚し塗装を加えた仕様です。お客様のご希望により、上記の赤城、下記の翔鶴と共通して、飛行甲板の標示類は全て塗装にて再現しました。

1/700 航空母艦『翔鶴 1942』



1/700 航空母艦『翔鶴 1942』 受注価格68,000円(キット、パーツ代および送料など全て込み)


フジミキットにフジミのエッチングを使用し、25mm機銃と探照灯をファインモールド製ナノドレッドシリーズに換えるというオーソドックスなディティールアップに加えてごく弱めの汚し塗装を加えた仕様です。この時代の翔鶴は1942年の仕様ということで21号電探を装備した近代的な姿が大変魅力的です。

1/700 重巡洋艦『高雄』



1/700 重巡洋艦『高雄』 受注価格48,000円(キット持ち込み、パーツ代と送料込み)


アオシマの艦これパッケージのキットをお持ち込み頂いての製作です。製作にはアオシマ純正のエッチングを使用してクレーンや窓枠などにディティールアップを施し、手すりは海魂、ラッタルはKAモデルのエッチングとしました。

1/700 駆逐艦『雪風』



1/700 駆逐艦『雪風』 受注価格42,000円(キット持ち込み、パーツ代と送料込み)


アオシマの艦これパッケージのキットをお持ち込み頂いての製作です。アオシマからは雪風用のディティールアップパーツは発売されていないので、各社のパーツを揃えてお客様のこれまでのコレクションと並べた時のバランスを考えたディティールアップ内容としました。

1/700 戦艦『陸奥』



1/700 戦艦『陸奥』 受注価格56,000円(キット持ち込み、パーツ代と送料込み)


アオシマの艦これパッケージのキットをお持ち込み頂いての製作です。ディティールアップは汎用パーツを組み合わせたもので、以前に同じお客様よりご依頼頂いた長門と併せたディティールに仕上げております。

1/700 高速戦艦『金剛』



1/700 高速戦艦『金剛』 受注価格62,000円(キット持ち込み、パーツ代と送料込み)


ハセガワの艦これパッケージのキットをお持ち込み頂いての製作です。ディティールアップにはハセガワ純正のエッチングパーツを二種使用し、対空兵装をファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツとしました。

1/700 航空母艦『赤城』(波ベース付き)



1/700 航空母艦『赤城』(波ベース付き) 受注価格88,000円(キット持ち込み、パーツ、飛行機代と送料込み)


フジミの波ベース付きの1/700航空母艦『赤城』にフジミの飛行機セットを使用して、真珠湾第一次攻撃隊を搭載する仕様をご依頼頂きました。また、バラでの飛行機製作も併せてご依頼いただいたことで、写真に掲載されている各種艦載機もお付けしました。

1/700 航空母艦『飛龍』(波ベース付き)



1/700 航空母艦『飛龍』(波ベース付き) 受注価格75,000円(キットおよび飛行機持ち込み、パーツ代と送料込み)


フジミの波ベース付きの1/700航空母艦『飛龍』に、お持ち込み頂いたピットロードの飛行機を接着固定するという内容のご依頼を頂きました。空母本体のディティールアップは遮風柵のみで、その他にはエッチングなどは使用しておりません。

1/700 軽巡洋艦『神通 1943』



1/700 軽巡洋艦『神通 1943』 受注価格70,000円(キット、パーツ、海面ベース、送料など全て込み)


お客様のご希望で、1943年当時の神通を海面ベースに取り付けた仕様を製作させていただきました。1943年の神通のキットは発売されていないので、アオシマの1942年仕様の神通を改造して1943年仕様に改めています。改造した箇所は、5番砲塔の撤去と一部舷窓の閉鎖、25mm機銃の増設などで、ディティールアップには国内外の汎用パーツを使用し、バランスを重視した作品として仕上げました。

1/700 特設巡洋艦『報国丸』


1/700 特設巡洋艦『報国丸』 受注価格69,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


ピットロードのプラキットをベースに、ディティールアップ内容は製作価格から決めました。具体的には手すりとラッタルを汎用のエッチングパーツで追加した他、空中線を再現したのみですが、メリハリの効いた迷彩塗装とキットの完成度の高さから充分に見ごたえのある作品となりました。

1/700 工作艦『明石』


1/700 工作艦『明石』 受注価格59,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


ディティールアップは製作価格から内容を決めました。クレーンのジブ部はピットロードのキットに付属のエッチングによるもので、コンマ2ミリの真鍮線から切り出したピンでマストに固定しました。 また、お客様のご希望により、甲板上には天幕と木箱、ドラム缶、角材などをそれぞれ自作して配置しました。

1/700 知床型給油艦『鶴見』


1/700 給油艦『鶴見』 受注価格55,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


ディティールアップは製作価格から内容を決めました。艦橋周りにはピットロードのエッチングパーツを使用していますが、手摺りなどは含まれないので、海魂のパーツを使用して補填しました。甲板後部もメリハリの効いた造形です。構造物側面は、型抜きの関係でモールドが一切ないので、コンマ5ミリのドリルで丸窓を再現しました。簡単な加工ですが、密度が高まって大変効果的です。

1/700 航空母艦『葛城』


1/700 航空母艦『葛城』 受注価格94,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


アオシマキットをベースに、アオシマ純正エッチングパーツの組み込みをメインに、ディティールアップを行いました。シールドなしの25mm三連装機銃と12.7cm連装高角砲のほか、錨、電探などにファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用し、シールド付き25mm三連装機銃と28連装対空噴進砲には、ピットロード製のネオイクイップメンツシリーズのパーツを使用しました。外舷塗装やマーキングなどは全て塗装によるもので、白線表示なども全て塗装再現としました。その他、自作系のディティールアップとして、船体舷側の外板継ぎ目表現と、飛行甲板上の繋止眼環(パッドアイ)のドリル表現も行い、高角砲の射界制限装置はコンマ3ミリの真鍮線で自作しています。

1/700 航空母艦『隼鷹』


1/700 航空母艦『隼鷹』 受注価格106,000円(キットおよびパーツ持ち込み)


キットはタミヤのもので、細部まで作り込みました。お客様にご指定いただきました製作内容は以下のとおりです。

●隼鷹本体
1/700日本航空母艦隼鷹1945(タミヤ)を使用、隼鷹専用エッチングパ−ツ4枚組(artist hobby製)を使用(21号、13号電探、起倒式マストも含む)、ファインモールド日本海軍空母用パ−ツセットを使用、ファインモールドナノ・ドレット飛鷹/隼鷹型空母用を使用(探照灯は全て展開状態とする)、レインボ−モデル1/700 日本海軍 弾片防御ロープを使用、ジェニュインモデル1/700マントレット&土嚢セットで艦橋、機銃台座等に、マントレットと、土嚢の取り付け、ハセガワの水密扉セットで、水密扉の取り付け、ハセガワの舷梯&係船桁セットで舷梯を再現、ファインモールド日本海軍空母用エッチングで着艦指導灯を再現、単装、連装、三連装機銃の盾にご用意いただいたエッチングを使用、ピットロ−ドのNEシリ−ズを使用。(噴進砲などをメインに、武装以外で使えるものは使用する)、電探以外で専用エッチングとはナノドレッドでかぶるパーツは、ナノドレッドのプラパーツを使用、舷灯、応急舵、舷外電路、人員救助網、信号灯、ホ−スリ−ル、チェ−ン等は、前回、製作の残り分を使用、空中線、各種の旗、救命浮標の取り付け、旗竿、高角砲の射界制限枠と遮風柵の支えを真鍮線で製作、機銃スポンソンの三角片を切削し、支柱を自作する、外舷塗装はピットロードカラーを使用する、甲板塗装はお送りいただいた写真を参考に、いつものタンより少し暗めのブラウンとする、汚し塗装は飛行甲板以外のところに強めに施す、他の加工は、以前、製作させていただいた隼鷹と同じ仕上げとする

●飛行機
ピットロ−ド日本海軍機6を1箱使用、ホビ−エレメンツ1/700 日本海軍艦載機用デカールセット2、上記のデカ−ルを使用して、隼鷹の搭載機を製作、飛行機のディテ−ルアップは、0.2ミリの真鍮線でアンテナを追加し、金属テグスで張り線を加工

●追加加工
飛行甲板最前部に二箇所のラッタル設置、左舷後部起倒マストのスポンソン拡張と単装機銃追加、左舷後部起倒マスト下部のスポンソンを外側にせり出させて25mm三連装機銃追加、艦橋左舷側の吸気口は、くぼみの部分に先に黒をさし、そのあとにエッチングを取り付ける、艦橋右舷側の吸気口内部をつや消しブラックで塗装する、艦橋側面の黒板を塗り分ける

1/700 航空母艦『瑞鶴』南太平洋海戦時


1/700 航空母艦『瑞鶴』南太平洋開戦時 受注価格85,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


航空母艦『瑞鶴』の南太平洋海戦時の製作ご依頼です。南太平洋海戦時の瑞鶴のキットはないので、フジミ『瑞鶴1944』をベースとし、通常塗装、噴進砲の撤去、機銃位置の変更などを行いました。ディティールアップはフジミ純正のエッチングを使用し、対空兵装をファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツに交換しています。その他、白線の表示はデカールを使用せず、塗装再現としました。

1/700 ミサイル巡洋艦『シカゴ』


1/700 ミサイル巡洋艦『シカゴ』(製作価格非公開)


ドラゴンのエッチング付きキットの製作ご依頼です。キットの塗装図にははっきり記されていないミサイルなどの塗り分けも丁寧に行いました。外舷塗装はピットロード製の現用艦カラーセットの塗料を使用しています。

1/700 カーフェリー『さんふらわあ11』


1/700 カーフェリー『さんふらわあ11』 受注価格43,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


マイクロエースのモーターライズモデルのキットをスケールモデルとして完成させました。太陽のマークはキットでは凸モールド内に付属のシールを貼るように指定されていますが、製作では凸モールドを削り取り、マーキングも塗装にて再現し直しております。仕上げに汎用の手すりエッチングと張り線を取り付け、スケールモデルとしての『さんふらわあ』として仕上げました。

1/700 戦艦『三笠』


1/700 戦艦『三笠』 受注価格75,000円(キット、パーツ、海面ベース送料など全て込み)


シールズモデルの戦艦三笠に、自作の海面ベースを取り付け、ディティールアップを施した作品です。ディティールアップ内容は、ピットロードのエッチングパーツ(PE124)と、フクヤの真鍮主砲身、副砲身を使用したもので、張り線も多めに取り付けました。

1/700 飛行艇母艦『秋津洲』


1/700 飛行艇母艦『秋津洲』 受注価格55,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


ピットロード製のキットを製作し、同じくピットロードの日本海軍特務艦用のエッチングパーツ(PE32)をメインに使用したディティールアップを行いました。お客様よりのご指示により、汚し塗装を多めにして、二式大艇を搭載しています。

1/700 軽巡洋艦『五十鈴』


1/700 軽巡洋艦『五十鈴』 受注価格55,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


ディティールアップはフジミ純正エッチングパーツと、ファインモールド製のナノドレッドシリーズの機銃および高角砲を使用したディティールアップ作品です。お客様よりご指定いただいた内容は艦橋前のハンモックの取り付けで、シールズモデルのパーツを使用して追加しました。

1/700 航空母艦『エセックス』


1/700 航空母艦『エセックス』 受注価格95,000円(キット、飛行機持ち込み)


ディティールアップに使用したパーツは、トムスモデルのエセックス級空母用と、ファインモールド製ナノドレッドシリーズの『WA18 ボフォース40mm四連装機関砲』と『WA19 20mm単装機関砲(1.1インチ四連装)』です。艦載機は、キットに付属のF6Fヘルキャット、SB2Cヘルダイバー、TBFアベンジャーに加え、F4Uコルセアを追加し、合計54機の大編隊を搭載しました。また、塗装もお客様よりのご指示により、若干の退色表現を施しております。

1/700 戦艦『長門』


1/700 戦艦『長門』 受注価格68,000円(キット持ち込み)


ディティールアップには海魂の手すりとラッタル、射出機などに加え、レインボーモデルの窓枠エッチングパーツなどを使用し、機銃と高角砲をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換。更に張り線の追加と精密チェーンによる錨鎖の再現を行いました。当工房での最もスタンダードなディティールアップ内容です。

1/700 重巡洋艦『愛宕』


1/700 重巡洋艦『愛宕』 受注価格46,000円(キット持ち込み)


上記の長門と同じく、ディティールアップには海魂の手すりとラッタル、射出機などに加え、レインボーモデルの窓枠エッチングパーツなどを使用し、機銃と高角砲をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換。更に張り線の追加と精密チェーンによる錨鎖の再現を行いました。

1/700 航空母艦『赤城』


1/700 航空母艦『赤城』 受注価格88,000円(飛行機のみ持ち込み)


艦上機は全てお客様よりお持ち込みをいただいたフジミ製で、零戦、九九式艦爆、九七式艦攻を各8機ずつ、合計24機を搭載しています。甲板標示の日の丸もお客様のご指定によるもので、ミッドウェー海戦時を想定した塗装としております。

1/700 航空母艦『飛龍』


1/700 航空母艦『飛龍』 受注価格80,000円(飛行機のみ持ち込み)


赤城と同じくミッドウェー海戦時での製作ご依頼です。搭載した飛行機も全てフジミ製で、零戦、99艦爆、97艦攻を各8機ずつの、合計24機です。ディティールアップ内容は製作価格に合わせて設定させていただいたもので、純正のエッチングパーツとナノドレッドシリーズの武装パーツを使用した他、艦橋部にハンモックを取り付けました。

1/700 航空母艦『信濃』


1/700 航空母艦『信濃』 受注価格88,000円(飛行機のみ持ち込み)


搭載機はお客様のご希望により、彩雲3機、烈風14機、流星改14機をお付けしました。全て、フジミのパーツでお客様の持ち込みによるものです。人員救助網、飛行機救助網ともに、海魂のエッチングパーツを使用しました。

1/700 航空母艦『大鳳』


1/700 航空母艦『大鳳』 受注価格88,000円(飛行機のみ持ち込み)


上記の信濃と2隻同時に受注いただきました。お客様のご希望により鉄鋼甲板仕様を想定し、フジミのリノリウム甲板キットをベースとしております。羅針艦橋のハンモックは、実戦経験をしていない信濃と、実戦経験のある大鳳を差別化するために、お客様にご要望をいただいた部分です。マスト上のZ旗も、同じお客様のご要望により、追加しました。

1/700 第5388号艦『鷹野』


1/700 第5388号艦『鷹野』 受注価格195,000円(キットおよび、一部パーツ持ち込み)


計画のみに終わった未完成艦の製作ご依頼です。キットはフロッグフット製で、マストなどの製作に自作を必要とし、細かな装備品はピットロードの艦船装備セットを使用して仕上げるガレージキットです。キットには船体パーツの他に、艦橋構造物や煙突、飛行甲板、格納庫甲板、各甲板の支柱などのパーツが入っていましたが、甲板や支柱は使用が困難な仕上がりでしたので、プラ板や汎用エッチングなどでスクラッチして仕上げました。


キットで使用した部分は船体と艦橋と煙突のみで、格納庫甲板や支柱、飛行甲板は自作しました。また、未完成艦ということで、お客様のオリジナル設定として、艦橋前のデリックの形状変更と船倉の追加を行いました。ディティール面も充実した仕上がりをご希望ということで、汎用エッチングや精密プラパーツなどのディティールアップパーツをふんだんに取り入れるとともに、船体や自作の甲板などにも適時ディティールアップを施しています。

1/700 戦艦『扶桑』


1/700 戦艦『扶桑』 受注価格90,000円(一部、パーツ持ち込み)


ディティールアップはお客様のご指定で、フジミ純正のエッチングパーツの他、ジョーワールドの「1/700 IJN「扶桑」飛行機作業甲板セット(for FUJIMI)」および、ファインモールドのナノドレッドシリーズの扶桑型戦艦用セットを使用しています。なお、ファインモールド製ナノドレッドシリーズの扶桑型戦艦用セットの25mm機銃には防盾のエッチングパーツが含まれていないため、今回はファインモールドの別売りエッチング『AM-46』と『AM-47』を追加しました。このエッチングは残念ながら、もう店頭在庫のみになってしまったので、今後、25mm機銃の照準器再現は非常に難しくなりました。旧パーツでは、おそらくこれが最後の取引例となるでしょう。

1/700 航空母艦『蒼龍』


1/700 航空母艦『蒼龍』 受注価格89,000円(キット&パーツ、送料等全て込み)


アオシマのウォーターラインシリーズのキットをベースに、純正エッチングパーツを組み込み、対空兵装をナノドレッドシリーズのパーツに変更、その他、舷外電路や舷梯、救命浮標などを追加したディティールアップ作品です。後部エレベーターはお客様のご希望通り下げた状態とし、準備中の97式艦攻を配置しました。

1/700 航空母艦『隼鷹』


1/700 航空母艦『隼鷹』 受注価格80,000円(キット&パーツ、送料等全て込み)


タミヤの隼鷹をベースに、機銃スポンソンの支柱を自作しなおすなどの定番工作を行い、各種ディティールアップを施しました。手すりはオーシャンスピリット、ファンネルキャップはレインボーモデルの他艦種用を流用し、煙突のジャッキステーもレインボーモデル製としました。武装はナノドレッドシリーズの照準器&防盾付きに変更し、ハセガワの舷梯を取り付けております。

1/700 フェリー『さんふらわあ11』


1/700 フェリー『さんふらわあ11』 受注価格45,000円(キット&パーツ、送料込み)


マイクロエースの1/700『さんふらわあ11』のフルハルキットの船底を切り取り、ウォーターラインモデルとした上で、手すりや張り線などを施して精密化したモデルです。また、自作の海面ベースを追加した他、舷側の太陽のマークはモールドを削り取って塗装で再現しました。

1/700 航空母艦『雲龍』


1/700 航空母艦『雲龍』 受注価格85,000円(キット&パーツ、送料込み)


お客様より製作価格のご提示をいただき、仕様を決めさせて頂きました。アオシマキットをベースに、アオシマ純正エッチングパーツを使用し、対空機銃はナノドレッドシリーズのパーツを使用しました。なお、飛行機はお持ち込みいただいた製品を使用し、ご指定いただいた機数を配置しております。

1/700 航空母艦『隼鷹』


1/700 航空母艦『隼鷹』 受注価格78,000円(キット&パーツ、送料込み、飛行機のみ持ち込み)


お客様より製作価格のご提示をいただき、仕様を決めさせて頂きました。タミヤキットをベースに、ディティールアップは汎用パーツを組み合わせる方法で行いました。手すりやラッタルはオーシャンスピリット製、対空機銃はナノドレッドシリーズのパーツとし、機銃スポンソンの支柱は三角片を切削し、プラ丸棒で自作したものに変えました。 なお、飛行機はお持ち込みいただいた製品を使用し、ご指定いただいた機数を配置しました。

1/700 戦艦『ニュージャージー』


1/700 戦艦『ニュージャージー』 受注価格58,000円(キット持ち込み、送料込み)


ピットロードから限定発売されたフルハルキットの素組での製作ご依頼です。船体上下の合わせ目を丁寧に処理し、ピットロードカラーの現用米海軍艦艇色を使用して仕上げました。デカールは若干劣化していましたが、デカールリペアにて補修の上、使用しています。

1/700 航空巡洋艦『最上』


1/700 航空巡洋艦『最上』 受注価格68,000円(キット&パーツ、送料など全て込み)



タミヤキットをベースに、ディティールアップ内容は汎用パーツを組み合わせる方法で行いました。手すりやラッタルはオーシャンスピリット製、対空機銃はナノドレッド、主砲はヤマシタホビーの精密パーツを使用しています。舷梯や射出機にはハセガワのエッチングパーツを使用し、舷外電路もハセガワのエッチングパーツを使用して追加しました。ファンネルキャップおよび煙突ジャッキステーのエッチングは、レインボーモデル製です。

1/700 重巡洋艦『那智』


1/700 航空巡洋艦『那智』 受注価格68,000円(キット&パーツ、送料など全て込み)



ハセガワキットをベースに、ハセガワ純正エッチングパーツと汎用パーツを組み合わせたディティールアップ作品になります。手摺やラッタルはオーシャンスピリット製、射出機や舷梯、キットのモールドとパターンを変更した舷外電路はハセガワ製、ファンネルキャップとジャッキステーはレインボーモデルのパーツを使用しています。また25mm機銃はファインモールド製ナノドレッドシリーズのエッチング照準器&防盾付きのものに交換しました。

1/700 巡視船『いず』


1/700 巡視船『いず』フルハルモデル 受注価格26,500円(キット&パーツ持ち込み、手すりなどの追加エッチングパーツ代および送料込み)


お客様より、ピットロード製の塗装済みキットと純正エッチングパーツをお持ち込みいただいての製作です。船体その他のプラパーツは、最初から施されている塗装済みの状態のまま使用し、エッチングパーツのみ、こちらで塗装を行い、純正パーツに付属しない手すりなどのパーツは(お客様と相談のうえ)当工房にてご用意させて頂きました。

1/700 戦艦『ティルピッツ』


1/700 戦艦『ティルピッツ』 受注価格88,000円(キット&パーツ持ち込み、送料込み)



お客様のご指定により、ピットロードのキットをベースに、キット純正のエッチングパーツと、ゴールドメダルモデルズのエッチングパーツを使用し、ディティールアップを施しました。特徴的なダズル塗装と、程よい汚し塗装を両立した仕上げとさせていただいております。

1/700護衛艦『きりさめ』


1/700 護衛艦『きりさめ』 受注価格40,000円(キット&パーツ持ち込み、送料など全て込み)


アオシマ製のキットをベースに、アオシマ純正のエッチングパーツを組み込んだ仕様を基本に、オーシャンスピリットの手すりパーツや自作のホイップアンテナ等をを使用してディティールアップを施しました。外舷色には、ピットロードカラーを使用しております。

1/700 駆逐艦『雪風』


1/700 駆逐艦『雪風』 受注価格56,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)

ピットロードのキットにフジミのエッチングを組み合わせる方法でのディティールアップを基本に、武装類はピットロードのNEシリーズのパーツに交換しました。お客様のご希望により、舷梯と救命浮標を追加。25mm三連装機銃はファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しています。また、煙突にジャッキステーを追加し、レインボーモデルのエッチングパーツでファンネルキャップを再現しました。舷外電路はオーシャンスピリットのエッチングを使用しています。

1/700 駆逐艦『冬月』


1/700 駆逐艦『冬月』 受注価格56,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)

ピットロードのキットにフジミのエッチングパーツを組み合わせる方法でディティールアップを施し、魚雷発射管をピットロードNEパーツに交換。爆雷装填台はハセガワのエッチングによるもので、その他、舷外電路やジャッキステー、ファンネルキャップをエッチングとしたほか、25mm三連装機銃をファインモールド製ナノドレッドシリーズのエッチング照準器付きに交換しました。

1/700 駆逐艦『島風』


1/700 駆逐艦『島風』 受注価格52,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)

タミヤキットをベースに、ディティールアップ内容は汎用パーツを組み合わせる方法で行いました。手すりやラッタルはオーシャンスピリット製、対空機銃はナノドレッド、主砲はピットロードNEシリーズのものです。爆雷投射機と装填台は、甲板に一体でモールドされているので削り取り、ピットロードのプラパーツとハセガワのエッチングに交換しました。

1/700 駆逐艦『初霜』


1/700 駆逐艦『初霜』 受注価格56,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)

ピットロードの初霜キットに、ピットロードの初春用のエッチングを組み合わせ、その他はフジミの雪風&秋月用パーツの余り(パーツセットには2隻分がセットされているため)を使用しました。武装はピットロードNEシリーズやナノドレッドシリーズのパーツに交換し、煙突ジャッキステー、ファンネルキャップ、舷外電路、爆雷装填台などにエッチングパーツを使用しました。

モデルファクトリーヒロ 1/700戦艦『大和』ULTIMATE KIT


1/700 モデルファクトリーヒロ 1/700戦艦『大和』ULTIMATE KIT 受注価格290,000円(キットのみ持ち込み、送料およびパーツ代、ディスプレイケース込み)



戦艦大和の内部構造を1/700で再現した、モデルファクトリーヒロ製ULTIMATE KITの製作ご依頼を頂きました。レジンとメタル、そして光造形パーツのマルチマテリアルキットで、1/700としては大変製作難度の高いキットです。エッチングによる隔壁、ホワイトメタル製のボイラー、タービン、主砲塔内部など、大和型戦艦のメカニズムが楽しめる興味深い仕上がりの作品となりました。

1/700 重巡洋艦『利根』


1/700 重巡洋艦『利根』 受注価格63,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


アオシマの重巡洋艦利根のエッチング付きキットをベースに、舷外電路、ジャッキステーなどにレインボーモデルのパーツを使用、手すりはオーシャンスピリット製です。E型主砲塔はヤマシタホビーのパーツを使用し、砲塔天蓋の手すりなども追加しました。他に、舷梯、救命浮標も追加し、お客様のお好みに合わせた仕様としております。。

1/700 軽巡洋艦『阿賀野』


1/700 軽巡洋艦『阿賀野』 受注価格63,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)



タミヤの軽巡洋艦阿賀野のキットをベースに、クレーンおよびジャッキステー、ファンネルキャップと舷外電路にはレインボーモデル、射出機はフジミのエッチングパーツを使用。武装はナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。舷梯、救命浮標もお客様のご希望によるもので、精密感を高めるワンポイントのアクセントとなりました。

1/700 航空母艦『瑞鶴1944』


1/700 航空母艦『瑞鶴1944』 受注価格円96,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)



フジミの瑞鶴1944をベースに、できる限りのディティールアップを施した豪華ディティールアップ仕様です。具体的にはフジミのエッチングパーツをベースに使用した他、舷側鋼板継ぎ目の自作、飛行甲板上パッドアイの自作(コンマ3ミリのドリルで彫り込み)、高角砲射界制限枠の自作などの自作系のディティールアップを追加し、フジミパーツで不足しているメインマストや着艦制動策などはオーシャンスピリットのエッチングで補填しています。

武装関係はファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツの他に、ピットロードNEシリーズのパーツも使用し、シールド付き高角砲や噴進砲などもディティールアップ。更には錨や探照灯も交換しました。飛行機はウォーターラインシリーズの日本空母搭載機セットの後期型をひと箱分製作し、舷梯、救命浮標などの小物の取り付けも行いました。



1/700 航空母艦『龍鳳1945』


1/700 航空母艦『龍鳳1945』 受注価格円80,000円(キット、パーツ持ち込み)



フジミの龍鳳1945をベースに、フジミの専用エッチングパーツと、ナノドレッドシリーズの武装などを取り付けてディティールアップを施しました。フジミパーツで抜けている着艦標識、着艦指導灯などは他社のエッチングパーツから流用し、高角砲射界制限枠等を自作して追加しました。飛行機もお客様のご希望で、ピットロードのパーツを製作しております。塗装はお客様のご希望で、Mrカラー特色の日本船舶迷彩色のセットを使用しました。

1/700 軽巡洋艦『大淀1944』


1/700 軽巡洋艦『大淀1944』 受注価格68,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)



アオシマの大淀1944のキットをベースに、アオシマの純正エッチングを使用。武装はナノドレッドシリーズのパーツに交換し、煙突のジャッキステーをレインボーモデルのエッチングで追加しました。舷梯、救命浮標もお客様のご希望によるもので、精密感を高めるワンポイントのアクセントとなりました。

1/700 イタリア海軍戦艦『ローマ』


1/700 イタリア海軍戦艦『ローマ』 受注価格88,000円(キットおよびパーツ持ち込み)



ピットロードのキットと専用エッチングと真鍮砲身をお送りいただき、製作をさせて頂きました。ローマの魅力でもある、鮮やかな塗り分けを美しく仕上げるべく、力を尽くさせて頂きました。見ごたえのある作品に仕上がったと、お客様からもお褒めのお言葉を頂戴しました。

1/700 航空母艦『飛龍』ミッドウェー海戦時


1/700 航空母艦『飛龍』ミッドウェー海戦時 受注価格86,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)



フジミのキットにフジミのエッチングパーツを取り付け、武装をファインモールドのナノドレッドシリーズのものに交換し、舷梯や救命浮標などを取り付け、ディティールアップを施したものです。艦上機はウォーターラインシリーズの日本空母搭載機セットの前期型をひと箱使用し、時代設定のあわない彗星艦爆以外の3機種を搭載しました。

1/700 輸送巡洋艦『大淀』(「帝国の龍神様」登場艦船) 


1/700 輸送巡洋艦『大淀』 受注価格88,000円(キット、パーツ、送料など全て込み)


架空戦記に登場する巡洋艦を製作させて頂きました。実在の大淀の居住区をおよそ二倍の長さに延長し、対空機銃および射出機の配置も設定に従って変更しております。お客様は当作品のメカ設定を担当されている方ですので、版権の方もクリア済みです。当工房では架空艦の模型製作も承りますので、ご興味のございます方はお気軽にお問い合わせください。

1/700 『日本海軍艦船模型27隻』


1/700 『日本海軍艦船模型27隻』 受注価格492,000円(一部キット持ち込み、送料抜き【手渡し】)

全て素組でのご依頼です。製作受注艦は、戦艦『長門』(1942)、航空戦艦『伊勢』(1944)、戦艦『扶桑』(1944)、航空母艦『赤城』(1941)、航空母艦『飛龍』(1941)、航空母艦『大鳳』(1944)、航空母艦『信濃』(1944)、重巡洋艦『古鷹』(1942)、重巡洋艦『妙高』(1944)、航空巡洋艦『最上』(1944)、重巡洋艦『利根』(1944)、軽巡洋艦『球磨』(1942)、軽巡洋艦『川内』(1943)、軽巡洋艦『夕張』(1944)、軽巡洋艦『大淀』(1944)、軽巡洋艦『鹿島』(1944)、駆逐艦『秋月』(1942)、駆逐艦『松』(1944)、潜水艦『伊400』(1945)、潜水艦『伊58 後期型』(1945)、飛行艇母艦『秋津洲』、潜水母艦『長鯨』、軽巡洋艦『那珂』、タミヤ小艦艇セット(3隻)、貨客船『新田丸』(戦時徴用色)の合計27隻です。

当工房ではこのような素組の大量受注も承っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

1/700 重巡洋艦『高雄』終戦時迷彩


1/700 重巡洋艦『高雄』終戦時迷彩 受注価格89,000円(キット、パーツ、送料等全て込み)



終戦時迷彩の高雄は二回目の受注製作になります。以前の作品の塗装にMrカラーを使用していたのに対し、こちらではピットロードカラーを使用させて頂きました。手摺や窓枠、射出機など、エッチングパーツで定番のディティールアップを行った他、主砲塔にヤマシタホビーのパーツを使用し、精密感と塊感を両立した仕上げとしました。

1/700 高速戦艦『金剛1944』


1/700 高速戦艦『金剛』 受注価格88,000円(キット、パーツ、送料等全て込み)



フジミの1/700金剛1944のキットをベースに、純正のエッチングパーツを使用し、純正エッチングに含まれない艦橋窓枠や煙突のジャッキステーなどはオーシャンスピリット、レインボーモデル等の外品パーツを使用して補填し、武装関係はファインモールドのナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。他に、舷梯や救命浮標などを取り付け、ワンポイントのアクセントとしました。

1/700戦艦 『大和』


1/700戦艦 『大和』 受注価格88,100円(キット、パーツ、製作費、送料等全て込)



タミヤの大和をベースに、ゴールドメダルモデルズのエッチングパーツで基本的なディティールアップを施した取引例の作品から、更なるディティールアップをと 、ご要望を頂いた大和です。具体的には対空兵装を、全てファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツに変更したほか、アクセントとして舷梯と救命浮標を追加しました。張り線も多めに展張し、精密感溢れる仕上がりです。

1/700航空母艦 『赤城』ミッドウェー海戦時


1/700航空母艦 『赤城』 受注価格88,500円(キット、パーツ、製作費、送料等全て込)


フジミの1/700空母赤城のキットをベースに、純正エッチングパーツでディティールアップを施したほか、キットでは省略されている舷梯を追加した作品をご依頼頂きました。25mm機銃はファインモールドナノドレッドシリーズのパーツとし、艦上機はウォーターラインシリーズの日本空母艦載機セット前期型から、年代の合うものを追加。更には舷梯と救命浮標のエッチングパーツを使用して精密感を高めました。

1/700アメリカ海軍航空母艦 『CV-14 タイコンデロガ』


1/700アメリカ海軍航空母艦 『CV-14 タイコンデロガ』 受注価格95,000円(キットのみ持ち込み、その他のパーツおよび製作費、送料等込)



ピットロードの1/700キットをベースに、主にトムスモデルのエッチングパーツを使用したディティールアップを行いました。お客様のご希望で、飛行甲板の色は、当取引例に掲載しているホーネット2より暗めとし、白線や艦番号は塗装再現としています。艦載機は、キットに付属しているものの他に、ピットロードの米海軍艦載機セットの大戦後期型をひと箱使用し、また主翼を折りたたんだ状態を再現しました。発艦を待つ、飛行甲板の緊張感と、左右で異なる複雑な迷彩パターンが楽しめる仕上がりとしています。

1/700アメリカ海軍戦艦 『ノースカロライナ』


1/700アメリカ海軍戦艦 『ノースカロライナ』 受注価格88,000円(キット、パーツ、製作費、送料等全て込)



ピットロードの1/700キットをベースに、付属のエッチングパーツと、手すりのエッチングのみを追加した仕様です。トランペッターモデル設計のキットですので、製作の際には箱組の精度を追求し、その結果、迷彩塗装映えする美しい仕上げとすることができました。米海軍期待の新鋭戦艦に相応しい精悍な姿と、お客様からも好評をいただいております。


1/700航空母艦『瑞鶴1944』


1/700航空母艦『瑞鶴』



レイテ沖海戦時の迷彩塗装仕様の瑞鶴のディティールアップ作品の製作ご依頼です。フジミ特シリーズのキットをベースに、フジミの純正エッチングパーツを使用し、25mm三連装機銃を、ファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツ(エッチング照準器&防盾付き)に交換しました。また、お客様のご希望で、ウォーターラインシリーズの日本航空母艦艦載機セット後期型を使用し、零戦、彗星、天山などの艦載機を追加しました。



1/700高速戦艦 『金剛』


1/700高速戦艦 『金剛』 受注価格88,000円(キット、パーツ、製作費、送料等全て込)


フジミの1/700キットをベースに、純正エッチングパーツでディティールアップしたほか、純正パーツに含まれない窓枠などを適時汎用パーツから追加しています。また、機銃、高角砲、探照灯などにファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツを使用し、キットの繊細なディティールに花を添えました。

1/700イギリス海軍戦艦 『キング・ジョージ5世』


1/700戦艦 『キング・ジョージ5世』 受注価格90,800円(キット、パーツ等持ち込み、製作費と送料のみ)


タミヤの1/700キットをベースに、各種エッチングパーツ(ホワイトエンサイン、フライホーク、トムスモデル、ハセガワ等)を使用し、マスターモデルの主砲身、両用砲身、そしてアートウォクスの木製甲板を使用したディティールアップを行いました。特徴的な迷彩塗装は、資料をお送りいただき、そのとおり正確に再現しております。

1/700護衛艦『DDH-181 ひゅうが』


1/700護衛艦『DDH-181 ひゅうが』受注価格39,400円(キットおよびパーツ等、全て込み)


ピットロードの1/700護衛艦『ひゅうが』のキットをベースにオーシャンスピリット製の手すりおよび救助ネットを取り付け、キットで省略されているホイップアンテナを真鍮線で自作して追加しました。塗装には、ピットロードカラーの海上自衛隊護衛艦専用色を使用しています。

1/700航空母艦『瑞鶴1944』


1/700航空母艦『瑞鶴』受注価格70,000円(キットおよびパーツ等、全て込み)



レイテ沖海戦時の迷彩塗装仕様の瑞鶴のディティールアップ作品の製作ご依頼です。フジミ特シリーズのキットをベースに、フジミの純正エッチングパーツを使用し、25mm三連装機銃を、ファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツ(エッチング照準器&防盾付き)に交換しました。電探や煙突周りも精密化され、大変シャープな仕上がりです。

1/700重巡洋艦『高雄1944』


1/700重巡洋艦『高雄1944』受注価格79,000円(キットおよびパーツ等、全て込み)



フジミ特シリーズのキットをベースに、フジミ純正エッチングパーツでディティールアップを施した作品をご依頼頂きました。キットの設計ミスである洗い場形状などを修正した上で、メーカーの指定に忠実なディティールアップを心がけました。



1/700アメリカ海軍戦艦 『ミズーリ1991』近代化改装後 フルハルモデル 


1/700アメリカ海軍戦艦 『ミズーリ1991』近代化改装後 フルハルモデル 受注価格72,000円(キット&パーツ持ち込み、製作費および送料込)


ピットロード製の近代化改装後の1/700戦艦ミズーリの貴重なフルハルキットの製作代行ご依頼です。ゴールドメダルモデルズ製のアイオワ型戦艦用エッチングパーツ(近代化改装後用)と、アートウォックスの木製甲板(同じく近代化改装後)を使用し、主砲身はライオンロア製の真鍮砲身を使用しました。パーツ同士の合いに難儀するキットですが、それを感じさせないシャープな完成度にこだわって仕上げました。

1/700ミサイル駆逐艦『DDG-51 アーレイ・バーク』


1/700ミサイル駆逐艦『DDG-51 アーレイ・バーク』 受注価格52,000円(キット&パーツ持ち込み、製作費および送料込み)


以前にご依頼いただいたジョン・ポール・ジョーンズと同仕様での製作ご依頼ということで、前作を正確にコピーし、艦番号を変えた使用になります。上下分割船体で発生しがちな合わせ目は徹底的に処理し、目立たなくしあげました。

1/700海上自衛隊護衛艦『DD-113 さざなみ』


1/700海上自衛隊護衛艦『DD-113 さざなみ』 受注価格42,000円(キット&パーツ込み、製作費および送料等全て込み)


ウォーターラインシリーズアオシマキットの製作ご依頼です。甲板上の表示類は、キットに付属のデカールを使用しました。(通行帯は最初から用意されていません) ヘリコプターは、お客様のご希望で、SH-60JをベースにSH-60Kの塗装に変更しております。

1/700ミサイル駆逐艦『DDG-53 ジョン・ポール・ジョーンズ』


1/700ミサイル駆逐艦『DDG-53 ジョン・ポール・ジョーンズ』 受注価格52,000円(キット&パーツ持ち込み、製作費および送料込み)


ドラゴンモデルのアーレイバーク級フルハルキットとフライホークモデルのエッチングパーツの持ち込みでの製作ご依頼です。手摺やラッタル以外にマストや各種レーダー、VLS等をエッチングでディティールアップしております。また、船体上下に発生する合わせ目はパテ補修で徹底的に処理しました。塗装にはピットロードカラーを使用しております。

1/700アメリカ海軍航空母艦 『CV-12 ホーネット2』 メジャー33/3A迷彩



1/700アメリカ海軍航空母艦 『CV-12 ホーネット2』 受注価格84,500円(キット&パーツ持ち込み、製作費および送料込)


ピットロードのハンコックのキットをベースに、ホーネット2の迷彩塗装を再現して欲しいというご依頼で、ディティールアップにはお持ち込み頂いたゴールドメダルモデルズおよびフライホークのエッチングパーツを使用させて頂きました。飛行甲板の白線および艦番号も、全て塗装で仕上げています。

1/700日本海軍重巡洋艦 『摩耶1944』ボフォース40mm機銃搭載


1/700日本海軍重巡洋艦『摩耶1944』フルハルモデル一部改造  受注価格77,000円(キット&パーツ、製作費および送料等全て込)


アオシマの摩耶のフルハルキットをベースに、お客様より指定のフィクション設定(ボフォース機銃搭載)を取り入れたご依頼品です。 ボフォース機銃にはオーシャンスピリットのレジンパーツを、高角砲はベテランモデルの超精密レジンパーツを使用し、アオシマ純正エッチングパーツと汎用手すりパーツを組み合わせてディティールアップを施しました。

1/700アメリカ海軍戦艦 『ミズーリ』 メジャー32/22D迷彩


1/700アメリカ海軍戦艦 『ミズーリ』 受注価格86,500円(キット&パーツ持ち込み、製作費および送料込)



タミヤの1/700戦艦ミズーリにゴールドメダルモデルズとライオンロアのエッチングパーツ、そして真鍮主砲身を取り付けるというディティールアップ内容で、キットおよびパーツはお持ち込みでのご依頼となりました。 難解なメジャー32/22D迷彩も、キット指示に忠実に仕上げました。

当工房におきましては、迷彩塗装は特に得意としており、どのような塗り分けの艦も喜んで受注させていただきますので、他工房にて断られたという方もお気軽にお問い合わせくださいませ。

1/700日本郵船『新田丸』


1/700貨客船 『新田丸』 受注価格49,600円(キット、パーツ、製作費など、全て込み)


アオシマのウォーターラインシリーズ初期のキットの製作ご依頼を頂きました。キットにおいてブルワークとして再現されている手すりは切削し、エッチングパーツに置き換えた他、当キットの欠点とされている、ブリッジ前面の穴を埋めるなど、各部に手を加えました。細部の表現や塗り分けは、当工房所有の実船資料を参考に行ないました。当工房は戦前型の日本客船をはじめ、商船の製作も得意としておりますので、商船模型ファンのお客さまは、お気軽にご相談くださいませ。

1/700 『一等輸送艦および二等輸送艦』


1/700『一等輸送艦および二等輸送艦』 受注価格35,000円(キット、パーツ、プラケース、製作費、送料等全て込)


ウォーターラインシリーズのタミヤキットをディティールアップし、海面ベースに固定したモデルをご依頼いただきました。ディティールアップは、エッチングの手すりの取り付けや、マストをコンマ3ミリの真鍮線で作りなおすなどの作業を行っております。小さな模型ですが、見ごたえのある作品となりました。

1/700原子力航空母艦 『ジョージ・ワシントン』


1/700原子力航空母艦 『ジョージ・ワシントン』受注価格121,000円(キット持ち込み、パーツおよびアクリルケース、送料込み)



ピットロードの1/700ジョージワシントンをフルハルモデルとして製作し、エッチングパーツによるディティールアップをご希望頂きました。キットはお送りいただき、エッチングパーツとアクリルケース、金属製台座などは当工房で手配しました。




飛行機は全てデカールによるマーキングを行いました。エッチングパーツはゴールドメダルモデルズのニミッツ級用を使用し、レーダーや手すりなどをディティールアップ。格納庫は内部を塗り分け、ハンガードアを開放して内部を覗けるようにしております。

1/700戦艦 『大和』



1/700戦艦 『大和』 受注価格75,600円(キット、パーツ、製作費、送料等全て込)


タミヤの1/700戦艦大和をベースに、ゴールドメダルモデルズのエッチングパーツを使用し、張り線と汚し塗装を施した作品をご依頼頂きました。砲塔上手すりや電探、クレーン、カタパルト等のの精密化と煙突出口を開口することができ、コストパフォーマンスの大変高い作品となりました。同じ仕様の大和製作は随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。。

1/700アメリカ海軍戦艦 『アイオワ』


1/700戦艦 『アイオワ』 受注価格73,600円(キット、パーツ、製作費、送料等全て込)


タミヤの1/700アイオワに手すりエッチングパーツを取り付け、汚し塗装と張り線を施した作品をご依頼いただきました。 明るいグレーを基調とした塗り分けが大変美しく、模型映えのする作品となりました。

1/700イギリス海軍戦艦 『プリンス・オブ・ウェールズ』


1/700戦艦 『プリンス・オブ・ウェールズ』 受注価格83,600円(キット、パーツ、製作費、送料等全て込)


タミヤの1/700プリンス・オブ・ウェールズに手すりエッチングパーツを取り付け、汚し塗装と張り線を施した作品です。マレー沖海戦時の複雑な6色迷彩は、マスキングゾルを使用して美しく塗り分けました。。

1/700航空母艦 『龍鳳』長甲板


1/700航空母艦 『龍鳳』長甲板 受注価格88,300円(キット、パーツ等持ち込み、製作費、送料込)



ピットロードのニューキットをディティールアップした仕様です。ディティールアップ内容は、ご依頼者様より詳細な指定をいただきました。以下、指定内容です。

キットはピットロード スカイウェーブ シリーズの1/700 日本海軍 航空母艦 龍鳳(長甲板)、迷彩塗装(箱の塗装図@を参照) 汚し塗装(飛行甲板以外に強めに施す)、マ−クと標示等はすべて塗装で処理、フライホ−ク1/700日本海軍ラッタル&舷灯を使用、ライオンロアR7021 WW2 日本海軍 舷外電路セットを使用、ハセガワの舷梯&係船桁セット Aから舷梯の取り付け、ナノ・ドレッドシリーズのWA8九六式 25mm 単装/連装機銃の単装機銃用 照準リングのみエッチングの取り付け、ジョー・ワールドJPE38ジャッキステーを煙突周りに取り付け、ハセガワ汎用窓枠セット、ハセガワ13号電探を使用、ファインモ−ルド電探21号セットを使用、ライオンロアWW2 日本海軍空母用 マストセット 1を使用、ファインモールド日本海軍空母用パーツセットを使用、ファインモールドナノ・ドレッドシリーズのWA7九六式25mm三連装/連装機銃 (エッチング製防盾付)を使用、モノクローム 汎用パーツMCT31、0B 汎用ブラック 極細チェーンを使用、飛行機は、ピットロード日本海軍機セット6の1箱とキット付属の物を含めて塗装と組み立て、飛行機のマ−ク等は、すべて塗装で処理、旗竿は、真鍮で製作、高角砲の射界制限枠の取り付け、ハセガワの空母人員救助網セットを使用、手摺りのみ当工房で用意(オーシャンスピリット製手すりを使用)


艦上機は、お客様よりのご依頼で、全て塗装仕上げです。

1/700海上保安大学校 練習船『PL-21 こじま』


1/700海上保安大学校 練習船『PL-21 こじま』 受注価格69,500円(キット、パーツ、プラケース、送料等全て込み)


現役の海上保安官のお客様より、船上に勤務されていた頃に乗船していた船が欲しいというご相談をいただき、ご乗船されていた船をリストアップして頂いた上で、キット探索をさせていただきました。 

『PL-21 こじま』は、お客様が海上保安大学校の学生だった頃に世界1周の航海をされ、その後、主任航海士として着任して更に世界を2周、合計で世界を3周されたという、大変思い入れの深い船です。 


キットは北海道のメーカー、バンモデリングがレジンキットと製品化しているものです。、白の発色に重みをだすため、実船と同じように赤茶色の錆止めプライマーの色を下塗りした上で本塗装を行いました。

1/700航空母艦『赤城』


1/700航空母艦『赤城』受注価格94,000円(キットおよびパーツ、送料等、全て込み)



ネットショップ『CHERRY&ANCHOR』にて取り扱いをしていた1/700空母赤城の専用エッチングパーツおよび木製甲板を使用した完成品の仕様を基本に、更にお客様のご要望に合わせてカスタマイズし、新規に製作させていただいたモデルになります。フジミのキットに同社のエッチングと木製甲板を使用するという基本の仕様に加え、海面ベースの取り付けと汚し塗装、艦載機(WL日本空母搭載機前期型セット)の追加とディティールアップを行っております。艦載機はファインモールドのエッチングパーツを使用し、プロペラと脚をディティールアップした他、増槽、爆装、雷装を再現しております。



1/700護衛艦『DDG-177 あたご』旧塗装キット改 新塗装


1/700護衛艦『DDG-177 あたご』 受注価格48,000円(キットおよびパーツ持込、製作費および送料込)


ピットロードのフルハルキットをベースに、新塗装への塗装変更をしてほしいというご依頼の作品です。キットには旧塗装用のガイドモールドがあるので、一旦全て削り取り、表面処理をした上で、着艦標識等を新たに書き込んでいます。また、ベースキットで問題とされている合わせ目の段付きなどは徹底的に消し、フルハルモデルならではの塊感を重視して仕上げました。ディティールアップ内容は、ピットロードの純正エッチングパーツと汎用の手すりの取り付け、張り線とホイップアンテナの自作等です。

1/700航空母艦『瑞鶴』


1/700航空母艦『瑞鶴』受注価格57,000円(キットおよびパーツ等、全て込み)


レイテ沖海戦時の迷彩塗装仕様の瑞鶴を1/700で欲しいというご依頼での製作です。フジミのニューキットをベースに、手すりと張り線を追加して迷彩塗装を施し、完成後のお客様の追加のご要望で21号電探をファインモールドのエッチングパーツに変更しました。結果、コストとディティールのバランスに優れた作品となり、お客様にも大変ご満足いただきました。

1/700軽巡洋艦『大淀』


1/700軽巡洋艦『大淀』受注価格79,000円(キットおよびパーツ等、全て持込 製作費のみ)


1/700アオシマキットをベースに、1944年当時の仕様を精密に再現いたしました。製作に際しましては、お客様から詳細なご指示をいただきました。以下、ご指定内容です。

キットは、アオシマ1/700大淀1944を使用、ジョー・ワールドJPE82軽巡 大淀 追加パーツを使用、ジョー・ワールドJPE30r精密2段手摺・直線を使用、ジョー・ワールドJPE38ジャッキステー(煙突周り) (脚の間隔がLのものを使用する)、アオシマ 大淀 1944 エッチングパーツ(クレーンは下記レインボーパーツ使用)、レインボー Rb7043 1/700日本海軍艦艇用 クレーンセット 3軽巡用とレインボーRb7029 1/700ボートダビット用滑車セットでクレ−ンを処理、レインボ−1/700 日本海軍15.5cm砲 真鍮砲身の取り付け、ピットロ−ドのNE−03で、艦橋の−番上に、双眼望遠鏡の5個取り付け、レインボー1/700日本海軍軽巡用ファンネルカバーセットを使用、ライオンロアR7021 WW2 日本海軍 舷外電路セットを使用、ハセガワ13号電探を使用、ファインモ−ルド21号電探を使用、フライホ−ク1/700日本海軍ラッタル&舷灯を使用、ハセガワ応急舵セットを使用、レインボ−モデル艦船艦橋ディティールアップパーツセットで、信号灯の取り付け、他に、使える物があれば使用、舷梯と空中線支柱はフジミ高雄専用エッチングパ−ツから代わりに使用、後部司令部施設上のトラス状の探照灯台は、ハセガワの妙高用エッチングの探照灯台を短く加工して使用、ナノ・ドレッド シリーズWA7九六式25mm三連装/連装機銃 (エッチング製防盾付)を使用、ナノ・ドレッド シリーズWA8九六式 25mm 単装/連装機銃 (エッチング製 防盾付)を使用(単装機銃用 照準リングと単装機銃用 銃座の5を使用します。) 盾の取り付けなし、モノクローム 汎用パーツMCT31、0B 汎用ブラック 極細チェーンを使用、WW2 日本海軍艦船装備セット 6のホーサーリールを使用、その他旗竿は、真鍮で製作、空中線、救命浮標、汚し塗装、旗の各種取り付け、艦載機の日の丸は白枠付きで塗装仕上げとする、空中線、塗装に、関しては、キットの組立図、艦船模型スペシャルモデルア−ト等の資料を参照する

1/700海上保安庁巡視船『PL-06 くりこま』


1/700海上保安庁巡視船『PL-06 くりこま』(キット持込)


くりこまに乗務された経験のある、現役の海上保安官の方からのご依頼です。ピットロードのえりも型巡視船「くりこま」のキットを使用し、ご依頼どおり海面付きのジオラマベース付きの仕上げとしました。また、白塗装は発色が軽くならないように、赤茶色のサーフェーサーを下地に使用しております。デカールはマークセッターで密着させ、クリアーでコーティングすることで長期間の展示による劣化対策をさせて頂きました。

1/700戦艦『長門』


1/700戦艦『長門』 受注価格89,000円(キットパーツ等全て持込 製作費のみ)

アオシマ製1/700戦艦長門リテイクキットをベースに、1944年版のパーツを使用し、1944年版のリテイク仕様に仕上げたもので、お客様よりディティールアップパーツの詳細なご指定をいただきました。 ご指定内容は以下のとおりです。 
ゴ−ルドメタル日本海軍戦艦用PE12を使用、ハセガワの窓枠セットAを使用(後部艦橋窓枠も処理する)、ハセガワ13号電探を使用、ファインモ−ルド21号電探を使用(ゴールドメダル製は使用しない)、22号電探は持ち込みプラパーツを使用、ハセガワ舷梯&係船桁セットから舷梯のみを使用、ハセガワ応急舵セットを使用、ライオンロアR7021 WW2 日本海軍 舷外電路セットを使用、フライホ−ク1/700日本海軍ラッタル&舷灯(前回の残り分)を使用、レインボ−モデル1/700日本海軍艦艇用煙突フ−ド(戦艦用)を使用、WA013 八九式 12.7cm 高角砲、WA7九六式25mm三連装/連装機銃 (エッチング製防盾付)を使用、WA8九六式 25mm 単装/連装機銃 (エッチング製 防盾付き)を使用(WAシリーズは単装機銃用 照準リングと単装機銃用 銃座の5を使用する)、ハセガワの機銃座防弾鋼板を使用、モノクローム 汎用パーツMCT31、0B 汎用ブラック 極細チェーンを使用、WW2 日本海軍艦船装備セット 6のホーサーリールを使用、砲身にピンバイスで穴あけ加工、救命浮標の追加、1/700レインボ−モデル艦船艦橋ディティールアップパーツセットを使用し、同パーツから信号灯を取り付ける、設計図16の部品B1をSランナーのS1およびS2を使用、その他旗竿は、真鍮で製作、空中線、汚し塗装、旗の各種取り付け(船名JGEA)、資料は、超精密「3DCG」シリーズ24 戦艦長門を参考とする(艦橋塗り分け、探照灯台座の塗装)、これらのパーツより、ゴールドメダルパーツと重複しているものは省略するが、21号電探はファインモールドのエッチングを使用する。

様々なディティールアップが施された艦橋の様子。機銃は三連装、連装、単装にいたるまで、全て防盾および環型照準器のエッチングパーツを取り付けております。

1/700航空母艦『飛龍』


1/700航空母艦『飛龍』 受注価格88,000円(キットパーツ等全て持込 製作費のみ)


お客様より詳細にパーツ指定および製作方針のご指示を頂き、ご希望に忠実に仕上げた飛龍です。指定内容は、以下のとおりです。

キットは、フジミ1/700航空母艦飛龍、専用エッチング、専用木甲板シールを使用、ハセガワ水扉セットを使用、フライホ−ク舷灯を使用、武装は、ファインモールドナノ・ドレッドシリーズを使用(エッチング照準機)、錨鎖はモノクローム 汎用パーツMCT31、0B 汎用ブラック 極細チェーンを使用、ライオンロアR7021 WW2 日本海軍 舷外電路セットを使用、その他 旗竿は、真鍮で製作、高角砲の射界制限枠の取り付け、マーク、標示類はすべて塗装(前回の自身のアオシマ作例および日本空母完全ガイドを参照)、遮風柵の支え柱を真鍮線で製作、飛行機はファインモールド日本海軍 艦載機用パーツセット(前期)を使用、スピナ加工、97艦攻の塗装はまだら塗装と識別ラインを再現、救命浮標の取り付け、マスト単体の張り線(5本)、艦橋以外の窓枠の取り付け(ハセガワパーツ使用)、ウインチ塗りわけ、探照灯塗りわけ、船底塗りわけ、汚し塗装は木製甲板以外、軍旗、信号旗と中将旗は小さ目の物を取り付ける、艦橋部の黒板の位置の飛龍専用のエッチングの141番の黒板を塗装


艦上機のマーキングは全て筆塗りです。お客様のご希望により、飛行甲板の表示も含めて、デカールは一切使用せずに仕上げました。

1/700駆逐艦『冬月』


1/700駆逐艦『冬月』 受注価格65,000円(キットパーツ等全て持込 製作費のみ)


お客様より詳細にパーツ指定および製作方針のご指示を頂き、ご希望に忠実に仕上げた冬月です。指定内容は、以下のとおりです。

ピットロードの日本海軍駆逐艦冬月1945エッチングパーツ付をベースとする、機銃配置は艦船模型スペシャル誌37号の記事の通りとする、フジミの 日本海軍駆逐艦 秋月 専用エッチングパーツから手摺りと真鍮砲身を使用、ファインモールド日本海軍 駆逐艦用アクセサリーセットを使用、アオシマ日本駆逐艦冬月菊水作戦エッチングパーツ・菊水デカール付から前方マストと後方のマストのエッチングを使用(資料と異なる部分は真鍮線工作で対応)、フライホ−ク1/700日本海軍ラッタル&舷灯から舷灯を使用、ハセガワNo.3S-006 水密扉セットを使用、ハセガワ No.3S-053アンカー & チェーンからアンカー本体を使用、モノクローム 汎用パーツMCT310B 汎用ブラック 極細チェーンで錨鎖を再現、ナノドレッドWA7九六式25mm三連装/連装機銃 (エッチング製防盾付)から三連装機銃を使用、ナノドレッドWA296式25ミリ単装/連装機銃から単装機銃を使用、タウロモデル日本海軍 軍艦旗シールセットで軍艦旗と信号旗を再現、ライオンロアのエッチング電路をとりつけ、レインボーモデル IJNファンネルキャップ IV 駆逐艦用から秋月用を使用、機銃座防弾鋼板をプラバン自作、レインボーモデルの船名プレート塗装して取り付け、外舷色は、MrカラーのNo32軍艦色2 汚し塗装、煙突の白いライン、艦底も塗装する、空中線の張りは、艦船模型スペシャル37に、掲載されている1/350の涼月を参考に、一部空中線支柱を真鍮線で追加して処理する、後方マストに信号灯を取り付け塗装する、救命浮き輪を塗装して取り付ける、旗竿は強度に問題がなければエッチングで 難があれば真鍮で製作、13号電探はハセガワかピットロード製を使用、22号電探は社外パーツを使用

ほかに、煙突基部の形状変更、魚雷運搬レールのレイアウト変更なども施しました。

1/700重巡洋艦『高雄』終戦時迷彩仕様


1/700重巡洋艦『高雄』終戦時迷彩仕様 受注価格89,000円(キットパーツ等全て持込 製作費のみ) 


アオシマの1944年当時のキットをベースに、お客様のご希望で、セレター港在泊時に施されていたとみられる迷彩塗装を施し、対空兵装を強化した状態としました。使用したディティールアップパーツは、1/700 アオシマ 重巡洋艦 高雄 レイテ沖 エッチング付限定版に付属のパーツ、フライホ−ク1/700日本海軍20.3cm砲塔用放熱板、1/700日本海軍ラッタル&舷灯、ライオンロアR7021 WW2 日本海軍 舷外電路セット、ハセガワ舷梯&係船桁セットA、応急舵セット、水密扉セット、汎用窓枠セット、ファインモールド AM35 高雄用パーツ・アドバンスセット(1944)、AM36 高雄型パーツ・ベーシックセット、オーシャンスピリットの手摺、ファインモールド 1/700スケール プラスチックパーツ ナノ・ドレッド シリーズWA013 八九式 12.7cm 高角砲、WA7九六式25mm三連装/連装機銃 (エッチング製防盾付)、WA296式25ミリ単装/連装機銃、モノクローム 汎用パーツMCT310B 汎用ブラック 極細チェーン (55cm)、ピットロード スカイウェーブ E シリーズのNo.E-011WW2 日本海軍艦船装備セット 6のホーサーリール、タウロモデル日本海軍 軍艦旗シールセットなど、多岐にわたり、高角砲の射界制限枠、旗竿を真鍮線で自作するなどの追加ディティールアップも施しました。

1/700駆逐艦『神風』


1/700 駆逐艦『神風』(製作価格53,000円 キット、パーツ、ケース、送料込み)


ご依頼内容は当初、1/700日本海軍駆逐艦ということのみが決まっておりましたので、艦種はお客様のお好みとキットの完成度とを考慮し、相談の上、決定しました。塗装は退色表現を少々強めに入れておりますが、汚らしくならないよう配慮しております。  


武装にはナノドレッドシリーズのパーツを多用し、アンカーやカッターなどをシャープに仕上げたほか、、 7.5メートル内火艇および探照灯等に、ピットロードから新発売のリニューアルパーツ(NE-02)を使用し、 エッチングパーツは、ピットロードの専用設計のものと、オーシャンスピリット製の手摺を使用しております。 また、マストは真鍮線で作り替えました。

1/700 ヘリコプター搭載護衛艦『ひゅうが』


1/700 ヘリコプター搭載護衛艦『ひゅうが』(製作価格45,000円 キット持込、送料込み)


ピットロードの救助ネットエッチング付属のフルハルキットのストレート製作です。ヘリコプターの機体番号など、繊細なデカール表現も丁寧に行いました。

1/700航空母艦『信濃』


1/700 航空母艦『信濃』(製作価格95,600円 キット、パーツ、ケース、送料等全て込み)


海面ベース付きの信濃完成品をご依頼いただきました。ディティールアップパーツとして、オーシャンスピリットのパーツを4種(手摺、救助ネット、窓枠、起倒マスト)を使用し、対空兵装を全てファインモールド製ナノドレッド700のパーツとしました。


精密な仕上がりの対空兵装。機銃や高角砲が多い信濃だけに、大変見ごたえがあります。外舷色にはGSIクレオスの日本海軍 迷彩色を使用しました。

1/700航空母艦『蒼龍』


1/700 航空母艦『蒼龍』(製作価格88,000円 送料込み)

以前に個人的に参加したコンテストでアオシマ賞を受賞したときの作品と同じものを作ってほしいというご依頼で製作させていただいたものです。パーツの入手性の関係で若干の変更がありますが、塗色も含めてほぼ当時の作品そのままの仕上がりとなりました。


お客様のご希望で弱めの汚し塗装を施してあります。海面ベースの製作にも応じますので、お気軽にご相談くださいませ。

1/700航空母艦『インドミタブル』


1/700 HMS航空母艦『インドミタブル』イラストリアス改造作品(キットパーツ全て持込 お客様のご希望により製作価格は表示しておりません)

この作品はご依頼者の方から、知人のインドミタブル元乗組員の方への贈り物としてご依頼をいただきました。


WLシリーズの空母イラストリアスのアオシマキットをベースに、改良型のインドミタブルの1943年の状態に変更するため、ご依頼者様から資料を送付して頂き、実艦写真などをもとに開口部の位置や形状などを修正、迷彩塗装用の塗料もカラーチップに合わせて調色しました。また、ディティールアップに英国艦用エッチングパーツや真鍮砲身を使用したほか、対空兵装の一部は他キットから流用し、艦載機のシーハリケーンは英国製のレジンパーツを使用しました。 

1/700戦艦『大和』


1/700戦艦『大和』甲板黒塗装仕様 受注価格95,000円(キットパーツ等全て持込 製作費のみ) 


お客様より詳細にパーツ指定および製作方針のご指示を頂き、ご希望に忠実に仕上げた大和です。指定内容は、以下のとおりです。

タミヤの1/700日本戦艦 大和 ディテールアップパーツ付きをベースに使用。付属のファインモールドの日本海軍 大和用アクセサリーセットと日本海軍 呉式二号五型カタパルトセットを使用。その他、『ファインモールドWA7九六式25mm三連装/連装機銃 (エッチング製防盾付)』『ファインモールドWA296式25ミリ単装/連装機銃』『ゴールドメダル日本海軍 戦艦大和・武蔵用』『エデュアルド日本海軍 戦艦 大和用(新)』『フジミ戦艦 大和 終焉時 エッチング&金属砲身付き付属のエッチング』 『ジョー・ワールドIJN 戦艦「大和 1945」リノリウム歩行帯&ブルワーク』『ジョー・ワールドIJN 戦艦「大和型」専用 運搬軌条&旋回盤』『ジョー・ワールドNo.JPE94 IJN 戦艦「大和型」 艦載艇搬入口』『ジョー・ワールドNo.JPE95r IJN 戦艦「大和型」 作業甲板 格子』『ライオンロアWWII 日本海軍 艦橋窓枠』か、『 ライオンロアWWII 日本海軍艦艇用 ブリッジ窓』のどちらかを使用、『ハセガワNo.3S-020 応急舵セット』『ハセガワ No.3S-053 アンカー & チェーン』『ハセガワNo.3S-006 水密扉セット』『ハセガワNo.3S-041 日本海軍 舷外電路』『モノクローム 汎用パーツMCT310B 汎用ブラック 極細チェーン (55cm)』『ピットロードNE01日本海軍 艦船装備セット1(高角砲1種のみ)』、『ハセガワ舷梯&係船桁セットA』『ピットロード スカイウェーブ E シリーズ No.E-011WW2 日本海軍艦船装備セット 6のホーサーリールの取り付け』等の市販パーツの良いトコ取りによるディティールアップ。他の加工・・・旗竿は、真鍮で、製作、高角砲の射界制限枠の取り付け、 軍旗、信号旗(沖縄特攻時)の取り付け、空中線、呉海軍工廠色および黒甲板の塗装、汚し塗装等


飛行機作業甲板周りおよび航空艤装はフルディティールアップを施し、ノーマルの面影はほとんどありません。また、25mm三連装機銃は全てエッチングパーツの防盾および環型照準器を取り付けました。


1/700 戦艦『大和』製作中の画像。パーツの使用状況がお分かりいただけます。

1/700潜水母艦『迅鯨』


1/700潜水母艦『迅鯨』 48,000円(キットパーツ等全て持ち込み 制作費のみ) ピットロードのキットを忠実に組み立て、部分的に手摺などを付け足しました。

1/700ワスプ級『エセックス』


1/700現用ワスプ級『エセックス』 受注価格40,000円(キット持ち込み、送料込み) お客様の御希望で、ドイツレベルのワスプ級のキットを二番艦のエセックスでの製作させて頂きました。 マーキングはデカールによるもので、クリアーで表面を保護しました。素組みでの御依頼でしたが、甲板上の鮮やかな色彩と、種類の豊富な艦載機で非常に模型映えのする船が完成しました。

1/700駆逐艦『雪風』と『冬月』


1/700駆逐艦『雪風』と『冬月』 受注価格88,000円(キットおよびパーツ等全て持ち込み、送料込み) 2隻ともピットロードのキットがベースで、お客様よりお持ち込みいただきました、ファインモールドのエッチングパーツとナノドレッドシリーズの防盾付機銃と単装機銃、フジミの雪風、秋月用のエッチングパーツと真鍮砲身(冬月のみ)等を組みこみました。外舷色もお客様のご指定で、冬月がMrカラー艦艇色の舞鶴、雪風が佐世保の両工廠色を塗装しました。

1/700重巡洋艦『妙高』迷彩仕様


1/700重巡洋艦『妙高』セレター迷彩仕様 受注価格96,000円(キットおよびパーツ全て持ち込み、製作費のみ)お客様のご指定により、兵装を昭和19年7月の仕様(単装機銃24基追加)、外舷塗装を昭和20年5月の状態とさせていただきました。キットはフジミのエッチングパーツ付きキットをベースに、ハセガワ製エッチングパーツ(妙高用および応急舵)、ナノドレッドシリーズの防盾付き機銃とファインモールドの艦載機用プロペラなどを使用してディティールアップを施しました。


セレター迷彩は、お客様より御提供頂いた資料を基に、右舷側の塗装を正確に再現、資料にない左舷側は推測で仕上げました。画像では少々コントラストが強く見えますが、実際にはもう少し落ち着いた色彩です。白塗装の部分は、灰色9号を塗装してトーンを落としました。


ディティールアップの詳細が分かる塗装前の画像です。フジミのエッチングパーツをメインに使用し、フジミパーツに含まれない艦橋窓枠や応急舵はハセガワのパーツで追加しました。その他、機銃座の位置等も資料に基づいて小変更を行っております。

1/700航空母艦『隼鷹』


1/700航空母艦『隼鷹』 受注価格89,000円(キットおよびパーツ全て持ち込み、製作費のみ) お客様のご指定を頂き、タミヤの隼鷹キットをベースに、アクステオンのエッチング(隼鷹専用)およびファインモールドのエッチング(空母用&起倒マスト)、ハセガワのエッチング(舷外電路、応急舵、艦橋窓枠、舷梯、係船桁)を使用し、高角砲と噴進砲にピットロードのインジェクションパーツ、機銃にナノドレッドシリーズのエッチング防盾付機銃を使用するなど、多種多様なディティールアップパーツを豪華に使用しました。


機銃スポンソンの支柱や射界制限枠、信号マストなどを真鍮線等で自作させて頂きました。キットおよびパーツは、全てお客様がお持ちの物をお持ち込みいただき、飛行甲板の表示類は、お客様にご指定頂きました学研の資料本に掲載されている説を採用して全て塗装で再現しました。


機銃のアップ。ナノドレッドシリーズの登場で、機銃は1/700でも環型照準器が再現可能になりました。
1/700艦船模型のディティールアップに大変お勧めです。

1/700航空母艦『飛龍』


1/700 航空母艦飛龍 受注価格 73,000円(キットおよびパーツ代8割型込み エッチングパーツ一部持ち込み)  ミッドウェー海戦時の飛龍ですが、商品知識および実艦知識豊富なお客様に使用パーツ等を詳細に御希望頂き、製作をさせて頂きました。 使用パーツはアオシマ製スーパーディティールキットエッチングパーツ(持込)の他、ファインモールド製日本海軍 空母用パーツセット、空母マストセット3、ハセガワ製空母用人員救助網セット、汎用窓枠セットA、ボイジャーモデル製日本海軍巡洋艦用手摺セット、ピットロードWWII日本海軍艦船装備セットI(高角砲)、ナノドレッドシリーズ25mm機銃等です。


対空兵装はシールドなしの25mm機銃にナノドレッドシリーズ、同じくシールドなしの12.7cm連装高角砲にピットロードのNEシリーズのものを使用。キットパーツよりスケール製とディティールが段違いに高いパーツですので、1/700艦船のディティールアップにお勧めです。また、飛行甲板の白線表示および艦名「ヒ」表示、着艦表示の紅白ライン等は全てお客様のご要望に合わせて塗装で行い、高角砲射界制限枠を真鍮線で自作しておりますが、これらもお客様よりのご指定によるものです。

問合せメールの起動はここをクリック




トップページに戻る


inserted by FC2 system