HIGH-GEARedのお気に入り音楽サイトへのリンクです。



このリンクは主にフリーサイトへのリンクを中心にまとめさせていただいてます。。

お気に入り楽器メーカーのサイト

お気に入り楽器メーカーのオフィシャルページへのリンクです。

HIGH-GEARedはブランドイメージや伝統、話題性だけで売れる楽器があまり好きではない
ので、ブランドイメージにこだわらずに自分の耳で聴いて本当に良いと思ったもののみを厳選しました。


YAMAHA GUITARS
HIGH-GEARedが今レコーディングのメインに使用しているPACIFICA904MSFを生み出したYAMAHAのオフィシャルサイトです。YAMAHAというとエレキギター業界においてはブランドイメージがいまひとつなのか?あまりメジャーな方ではありませんがそのブランドイメージのなさが生きるカタチで、とてもコストパフォーマンスの高いギターを製造することで国内よりもむしろ世界的アーティストから熱烈な支持を受けています。アコースティック楽器の技術を応用することで、鳴りを損なわない塗装や木材やハードの厳選な選定、そしてハンドクラフト職人の技術の高さも相まって純粋な楽器としての能力の向上のみを狙ったpacificaシリーズのような硬派なギターが自分にとてもあってると思います。
SIGGI GUITARS
知る人ぞ知るシギー・ブラウンによるハンドメイドギターメーカー、シギーギターズのオフィシャルサイトです。シギー・ブラウンはドイツでギターの製作を開始し、『弦楽器製作者が音楽家のためのインスピレーションの無尽蔵の源として役立つ道具を作成する』というポリシーのもとに、主にハードロック、ヘヴィメタルに適した素晴らしいギターを生み出してきました。ハードに歪ませても木の鳴りが損なわれないのでアグレッシブかつ高品位な音です。がまだ日本に輸入されることはないようですが、今後の展望に期待したいです。
Caparison GUITARS
ギターを構成する材質すべてをトータルに考え、理想とするギターサウンドを追求した結果、優れた形体が完成するというデザインテーマを持つキャパリソンはとてもまじめかつ丁寧なギター作りをする職人的メーカーです。バンドの音に埋もれないギターサウンド 、バッキングではヴォーカルの邪魔にならず、リードサウンドは逆にヴォーカルに近い音域に存在させる。エフェクターをかけてもギターの音の正体を失わない。 このようなギターサウンドを目指すことで、ムダに自己主張しすぎることなく、バンドの中においてギターの役目を果たすためだけに組み立てられた設計思想は、まさに楽器としてということ以上にギターリストのひとつの理想といえる教科書といえます。
Gibson
何の説明の必要もないギブソンのオフィシャルサイトです。かつてはアコギの世界において名をはせ、エレキギターの登場後にはレスポールやエクスプローラー、フライングVなどの数々の名機を生み出しました。重要なのは、一見異型と思わせるギターを作っても、それはすべて音を追求した結果であるということです。プロギタリストLesPaul氏によって開発されたレスポールモデルは、エレキギターの初期に作られたものですが、楽器としてのギターの完成度の高さから、現在でもエレキギターをプレイする全てのプレイヤーの憧れの一本となり、日本の松本孝弘をはじめ、世界屈指の腕とセンス、人気を誇るアーティストのダブルネームシグネイチャーモデルとして愛用されています。
Mesa/Boogie
HIGH-GEARedも愛用する真空管ギターアンプの老舗、メサ・ブギーのオフィシャルサイトです。HIGH-GEARedがブギーを使い始めた頃はマーシャル派などと比較してブギー派はまだまだ少数派だったのですが、ここ最近急に普及してきたように思います。デジタルのサウンド技術が高まり、真空管独特の暖かく太い音の再現も容易になってきた21世紀ですが、まだまだ本物だけがもつ味のある音はなかなか手放せません。メタル派の愛用者が多く、ハイゲインなことで知られていますが、フルアップでしかまともなセッティングを出せない一世代前の主流と比較すれば、さまざまな音楽に対応可能と思います。また、ステージや移動の際でのダメージコントロールにも力を入れていることが有名なメーカーで、トラックから落としても大丈夫という堅牢な雰囲気もウリです。
Dimargzo
高品位なピックアップをはじめとして、さまざまなギターパーツをリリースするメーカー、ディマジオのオフィシャルサイトです。名ギタリスト、スティーヴ・ヴァイがディマジオと共にプロデュースしたハムバッカー『エボリューション』をHIGH-GEARedが使用しているPacificaに搭載し、愛用しています。その他、ピックアップはシングルコイルでクリーンやクランチサウンド、ジャズ・ブルージーに対応したものからハイゲイン重低音重視のハムバッカーまでさまざまなラインナップでギタリストを楽しませてくれます。また、ギターアクセサリーのリリースも盛んで、ケーブル、ストラップをはじめとして、スイッチ類やハードウェアなど、交換することで自分だけのオリジナルギターへのモディファイを可能にしてくれる楽しいパーツが揃っています。
Line6
材の鳴りや真空管の質など、アナログな感覚が重要視されきたエレキギター界に一大革命を起こしたメーカー、それがラインシックスです。アナログアンプのサウンドを最新のデジタル技術であますことなく再現したアンプシュミュレーター、PODシリーズを『RANDKARS』のレコーディングにも愛用しています。また、音色だけをデジタル技術で完璧に再現するだけでなく、アナログ楽器だけがもつ操作系特有のトーンカーブを再現したことで夢の機材だけが出せるギタリスト憧れの音がぐんと身近になりました。素晴らしい功績というほかはありません。
hughes-and-kettner
国内で大々的に販売されるようになったときに楽器屋で試奏させてもらってからイチオシのアンプ、ヒュースアンドケトナーのオフィシャルサイトです。真空管アンプとしては比較的安価なものなのですが、内容はトップクラスの真空管アンプにほとんど引けをとりません。太く伸びやかで、クセのないサウンドがウリです。クールなルックスもお気に入りです。いつかそれなりのスペックのものを購入したいと考えてます。


リンクはって頂ける方、募集♪♪

バナーはこちら↓







トップページ

HIGH-GEARedのリンク集


左側にメニューページが表示されない場合はここをクリック
inserted by FC2 system